[救急]の記事一覧

2007年03月20日

24時間往診可能な診療所を検索するシステムをネットで公開

24時間往診可能、全国9000か所をネットで公開

 24時間体制で往診可能な在宅療養支援診療所について、独立行政法人福祉医療機構のインターネットサイト「WAM NET(ワムネット)」が、全国9346か所の診療所情報の提供を開始した。

 患者・家族の診療所探しを支援するのが目的。都道府県別では、トップの大阪が1233か所を数えたのに対し、最も少ない高知はわずか26か所で、地域差も目立った

 在宅療養支援診療所は、在宅医療の拠点として、厚生労働省が昨年4月に新設した。社会保険事務局に届け出ると、診療報酬が手厚くなるが、患者や家族との連絡体制整備などが求められるため、一般の診療所の1割にとどまっている。同機構は、昨年10月1日現在の届け出リストをもとに、住所、電話番号、診療科目などの情報提供を始めた。



 詳しくはサイトのほうを御覧下さい。医療、介護だけでなく障害者福祉、高齢者福祉、児童福祉に関する項目検索もあるようです。

関連
医学処 産婦人科学会が、出産のための24時間支援センター開設を提言
医学処 神奈川県で精神科の救急を完全24時間化へ
医学処 尾鷲市の産婦人科は異常。24時間常駐、休みは年2日


posted by さじ at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急

2007年02月22日

横浜市立大学の医学部生が、小学生にAEDの実習を行う。

医学部生らの協力で小学生が人命救助の実習/横浜

 目の前で突然、人が倒れたら-。横浜市立朝比奈小学校(金沢区東朝比奈二丁目)の五年生が二十一日、授業で自動対外式除細動器(AED)を使った人命救助の実習に挑戦した。市立大学の医、看護学部生らが協力した。

 救助法を学ぶ学生約二十人の手ほどきを受けながら、五年生八十一人が呼吸の確認やAEDの取り付け、救急隊員が来るまでの救助の流れを確認。学生は「電気ショックを与えるときは患者の体に触れないで」とアドバイスすると、児童は手を離して、恐る恐る電気を流すスイッチを押していた。

 参加した名倉大貴君(11)は「AEDを使うのは初めてだけど、機械から流れる音声通りにやったら簡単に使えた」と興奮気味に話した。

 実習前には、市大付属病院の佐藤奈々子看護師の講演もあり、患者の緊張をほぐすために小児科の診察室の壁にイルカの絵が描いてあることなどを紹介し「怖い、痛いという病院のイメージを和らげる工夫をしている」と話した。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ナイスな横浜市立大学医学部!こうやって本当に医学のことに興味を持ってくれた子が、医者になってもらいたいものです。人命救助のためにも、いい試みだったと思います。

関連
医学処 心肺停止時に市民から応急手当を受けると生存率40%up
医学処 東海道新幹線、山陽新幹線の全駅にAED設置
医学処 ドクターカーによる高度な処置で、心肺停止患者が社会復帰
posted by さじ at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急

ねんがんの臓器提供意思表示カードをてにいれたぞ!

 というわけで、生まれて初めて、臓器提供意思表示カードを見ました。前々から欲しいなぁと思っていたんですけど、どこにあるのか知らなくて。コンビニに置いてあると聞いてはいたんですが、パッと見、あるのかどうか分かりませんでした。隅のほうの書類と一緒に置かれていたらおそらく分からないし、探そうとしないでしょう。もう少し置き方を工夫してほしいかなと思います。レジ横とか。ホワイトバンドをあの位置で販売していたんですから、臓器提供カードも分かりやすい位置に置いてもらう訳にはいきませんかね。

 で、今回発見したのも、ホント偶然です。もし私が暇をもてあまして全ての展示物を見ていなければきっと見逃していたでしょう。

 それでは早速ご紹介しましょう。臓器提供意思表示カードさんです!




バァーン!!


 単にカードが裸の状態で置かれているというイメージでしたが、ご丁寧にもしっかりラップされており、中には説明書きと、臓器提供カードが2枚。何で2枚?と思われた方もおられるでしょうから、解説の紙の表紙にご注目。


伝わるこころ つながる命
Gift of Life

2枚のカードに記入しましょう!
1枚は自分のために 1枚は大切な人へ



 自分だけではなく、大事な人にも臓器提供カードで意志を表示してもらおうという…。これで意思表示の効果も倍ですな。ちなみにオレンジと緑の2種類があります。




 中身はこんな感じ


 上のほうに付属しているのがシールです。以下、解説を。


 シールは、自分の意思に合うシールを選んで記入し、携帯電話などの私物のどこに貼っても構いません。保険証や運転免許証では枠外や空欄部分に貼ります。カバーに貼る場合は、場所を問いません。


 つまりカードとして持ちあるく必要がなく、いつも身につけているものに小さなシールを貼るだけで意思表示ができる、というもの。縦1cm、横4cm程度のシールですから、スペースをとりません。丁度携帯電話のカバーに貼れます。ちなみにシールは6枚入っていて、用途に応じて3パターンに分かれます。

1.「私は、脳死判定に従い脳死後、移植の為に○で囲んだ臓器を提供します。」
 心臓・肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸、眼球、その他
2.「私は、心臓が停止した死後、移植の為に○で囲んだ臓器を提供します。」
 腎臓、膵臓、眼球、その他
3.「私は、臓器を提供しません。」

 これに署名して、貼って、オシマイ。晴れて意思表示は完了です。シール貼るのが嫌だという人は、臓器提供意思表示カードをサイフや定期入れの中にでも入れておけば意思表示になります。で、

 その臓器提供カードってどう書くの?という方もおられるでしょう。ではお待ちかね、臓器提供意思表示カードの裏側です




 見づらい(スミマセン)


 分かりづらいんで文章におこします。といってもシールと同じですが。違うのは家族署名の欄がついているのと、何故かQRコードがついている点です


<該当する1.2.3.の番号を○で囲んだ上で提供したい臓器を○で囲んで下さい>

1.私は、脳死の判定に従い、脳死後、移植の為に○で囲んだ臓器を提供します。(×をつけた臓器は提供しません)
心臓・肺・肝臓・腎臓・膵臓・小腸・眼球・その他( )
2.私は、心臓が停止した死後、移植の為に○で囲んだ臓器を提供します。(×をつけた臓器は提供しません)
腎臓・膵臓・眼球・その他( )
3.私は、臓器を提供しません。

署名年月日:  年  月  日
本人署名(自筆):
家族署名(自筆):
(可能であれば、この意思表示カードをもっていることを知っている家族が、そのことの確認の為に署名して下さい。)


 自分の意思を表示するだけですから、自分の意思に沿う形で○をつけて署名をすればOKです。脳死について考えて、納得いかなかった場合は「3」に○をして下さい。家族署名は特に、10代の方は書いてもらうといいでしょう。家族と話し合った上で記入して下さい。これで、家族間の口頭での取り決めも、「本人の意思表示」として効力を発揮するわけです。

 なお、これ以外にもオリジナル意思表示カードがあるそうです。個人的に気になるのは藤波辰爾カードであることは言うまでもありません。



 臓器提供については未だ賛否両論です。しかしそれは大きな局面でみた場合、議論が必要であるというだけで、個人個人が臓器を提供するのかしないのかについては、その人の「意思」で決まります。しかしそれをただ漠然と思っているだけでは何の効力もありません。臓器提供意思表示カードを所持することで、1人1人の「意思」を明確に表示することができるのです。皆さんも意思表示しませんか?




イェア!


関連
医学処 臓器提供の意思表示を、携帯やパソコンで
医学処 救える命が救えない。臓器移植改正法案がまたも審議延長
医学処 厚生労働省が健康保険証に臓器提供の意思表示欄を設ける
医学処 臓器移植法を改正すれば救える命のことを考えよう
医学処 臓器移植法改正の審議は、現状では必要ないとする国会議員
医学処 本人が臓器提供を拒否していなければ家族の同意で提供できる法律
医学処 今年に入って10例目の脳死移植。肺や腎臓などを提供。
医学処 臓器提供意思表示カードの署名者は、2001年以降増えていない。
posted by さじ at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急

2007年02月21日

救急医学会が、延命治療中止に関する指針を発表する

延命中止、医療チームが判断の場合も 救急医学会が指針案

 回復の見込みがなくなった救急患者に対する延命治療中止の指針を検討していた日本救急医学会は19日、都内で理事会と評議員会を開き、指針案を示した。患者本人の意思が確認できず、家族の意思が明らかでない場合には、医療チームが慎重に延命治療中止の判断する−などの案が示された。同学会は、学会員以外の医療者や国民の意見をきくことが必要として、半年間パブリックコメントを募集したうえで、最終的な指針を決めることにした。

 同学会の特別委員会(委員長、有賀徹昭和大教授)が平成16年5月から、指針案の検討を開始。今月1日に同会として指針案を決定し、理事会と学会社員総会に初めて示した。

 指針案では、回復の見込みがなくなる「終末期」の定義について▽脳死▽生命が人工的装置に依存し、生命維持に必須な臓器の機能不全が不可逆▽他に治療方法がなく、現在の治療を継続しても数日以内の死亡が予想される▽悪性疾患や回復不可能な病気の末期であることが判明した場合−の4つを示した。

 終末期と判断した場合に延命治療を継続するか中止するかの判断は、家族が同意している場合は、患者本人の生前の意思に従うとした。

 しかし、家族の意思が明らかでなかったり判断できない場合は、家族や関係者の納得を得て、医療チームが治療中止の是非や時期を判断。患者本人の意思が不明で、家族とも接触できない場合は、医療チームで慎重に判断する−とした。

 延命治療中止の方法としては、▽家族立ち会いのもとで、人工呼吸器、ペースメーカー、人工心肺などを中止▽人工透析や血液浄化などの治療を行わない▽呼吸管理・循環管理の方法の変更▽水分や栄養の補給の中止−の4方法を示した。

 また指針案は、一連の診療記録の記入方法についても案を示し、医療チームによる治療や中止方針の決定が事後に示せるよう、記入日時や署名を行う−などとした。

 特別委員会の有賀教授は「国民のコンセンサスが必要で、慎重に考えるために学会員以外の医師や国民からの意見を募ることにした」と述べた。学会は2月中にホームページに指針案を掲載することにしている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 難しいですよねーこの問題は。どちらが正しいのかという問題ではありません。しいて挙げるとするならば、患者本人にとってどちらの選択のほうが良いのかを判断する良識が必要なのです。意識もなく、しかし身体は動いていて、むりやり生かそうと思えば「生かす」ことができるわけですが、それは「生きる」とは若干意味が異なります。家族には色々と権利があるわけですが、そういったことも考慮しつつ、一番いい選択をしてもらいたいと思いますね。

関連
医学処 重い病気をもった赤ん坊の延命治療中止問題
医学処 富山県射水市民病院が終末期医療の基本方針を発表
posted by さじ at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急

2007年02月09日

産婦人科学会が、出産のための24時間支援センター開設を提言

出産「24時間支援センター」を学会が提言

 日本産科婦人科学会の医療提供体制検討委員会(委員長=海野信也・北里大教授)は、全国的な産婦人科医不足への対策(中間報告)をまとめた。

 医療事故をめぐるトラブルの解決に国の支援を強く求めたほか、24時間救急対応できる「地域産婦人科センター」の整備の必要性などを盛り込んだ。現場の産科医や一般市民の意見を聞いた上で、4月の同学会総会に報告する。

 産科は他の診療科に比べ医療事故が多く、特に最近は、産婦人科医の刑事責任が問われる事件が相次いでいる。現場の士気にマイナスの影響を与えるだけでなく、研修医の産科離れを加速させる可能性がある。

 中間報告は、〈1〉医療事故の事実関係や責任の所在を解明する「原因究明機構」の設立〈2〉出産に伴う事故について、医師の責任の有無を問わずに患者側に補償金を支払う「無過失救済制度」の整備・充実――などを国に求めた。刑事訴追は、原因究明機構による告発を受けて検討されるのが望ましいとした。

 また、人口30万〜100万人の地域ごとに、産婦人科医を10人以上集めた「地域産婦人科センター」を整備することも提言。地域の病院や診療所、助産所に対しては、互いに連携し、妊婦の容体急変から30分以内の緊急帝王切開に対応できる体制づくりを目指すよう求めている。

 無過失救済制度 医療事故の被害者を早期に救済するのが狙い。医師側は訴えられるリスクが減る。厚生労働省は8月にも、出産で脳性まひになったケースを対象に始める。中間報告は、この制度をすべての出産事故に拡大することを求めている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 医者にとっては今の時代が一番生き辛いのではないでしょうか。訴訟というものは必要なものだとは思いますが、タイムテレビすらないこの時代、どうやって医者の善悪を判断するのか、というと、結局裁判長のさじ加減ひとつで決まってしまうようなところがあります。原告側は最愛の子供に障害が、とか命を失ったとか、何でもいえますが、医者はただ助けようとしていただけでして、100%成功する出産法などないのに、訴えられてしまうのです。

関連
医学処 産婦人科医院の敷地内に新生児の女児を置き去りに
医学処 山形大学が、退職医師を再教育して地域医療に貢献させる
医学処 事故で子宮を失った女性に、出産のための子宮を移植する
posted by さじ at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急

2007年02月01日

患者の体内に18年間入っていたガーゼが、鼻をかんだ瞬間に出てくる

患者の体内に18年前のガーゼ 新潟市民病院で医療事故

 新潟市民病院(同市紫竹山)は31日、市内に住む60歳代の男性患者の体内から、18年前の手術で使った止血用ガーゼが見つかる医療事故があったと発表した。男性は鼻づまりや嗅覚障害が続いていたという。一方、生後4カ月の女児に、誤って10倍の量の気管支拡張剤を与えていたことも判明。病院側は関係者に謝罪を済ませ、男性には慰謝料を払う方針だ。

 病院側の説明によると、鼻づまりや後頭部の痛みなどを訴えていた男性は89年、左鼻を手術し、ポリープを切り取った。

 しかし、93年ごろから左鼻の奥が圧迫され、後頭部が常に重いなどの症状が現れた。その後は鼻づまりもひどくなり、嗅覚もなくなった。04年からは別の病院で治療を受けたが、症状は改善しなかった。

 昨年12月下旬の朝、男性が鼻をかんだところ、左鼻から2枚のガーゼが固まって出てきた。ガーゼは長さ15センチ、幅3センチで、18年前の手術で用いた止血用ガーゼの可能性が高いという。

 その後、症状が回復した男性の指摘で、病院側は「ガーゼと症状の因果関係はある」と判断し、男性の経過を今後も定期的に診ながら、慰謝料を支払うという。

 一方、市内に住む生後4カ月の女児は1月25日、薬を1袋飲んだ。約6時間にわたって興奮状態が続いたが、後遺症などの心配はないという。

 担当の主治医は、処方箋に薬の成分量を正しく記していた。だが、コンピューターに入力する際、医事課の職員が換算を誤って、10倍の量の気管支拡張剤を与えていたという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 嗅覚がなくなるって、想像できる以上につらいでしょうね。しかし鼻をかんだら出てきたというのは…凄いですね。18年間苦しめてきたものが、自然な生理現象で排出されるとは。

 医療事故は容易にはなくなりませんが、全ての病院で、二度と起こさないような工夫を施さねばなりません。意識して、かつ努力して初めて、医療事故ゼロを達成することができるのです。

関連
医学処 医療ミスを繰り返す医師を行政処分する署名が提出される
医学処 検査に関する医療事故、2年で114件も報告される。
医学処 長崎県立島原病院で、右足と左足を取り違えて手術
posted by さじ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急

2007年01月30日

福島県立大野病院の帝王切開死亡事件の裁判、始まる。

産科医、起訴事実を否認 福島の妊婦死亡初公判

 福島県立大野病院で04年に女性(当時29)が帝王切開手術中に死亡した事件で、業務上過失致死と医師法(異状死体の届け出義務)違反の罪に問われた、産科医加藤克彦被告(39)の初公判が26日、福島地裁(大澤廣裁判長)で開かれた。加藤被告は「胎盤の剥離を続けたことは適切な処置だった」などと述べ、起訴事実を否認した。

 加藤被告は「自分を信頼してくれた患者を亡くしたことは非常に残念で、心からご冥福をお祈りします。ただ、切迫した状況で、冷静にできる限りのことをやったことをご理解いただきたい」と述べた。

 検察側は冒頭陳述で「直ちに剥離を中止し、子宮摘出に移る注意義務を怠った」と主張。また、病院側に癒着胎盤をはがす手術を行うような体制や設備が整っていなかったと指摘した。

 起訴状によると、加藤医師は04年12月、子宮に癒着した胎盤を手術用ハサミではぎ取って女性を失血死させ、さらに、女性の死に異状があると認識しながら、24時間以内に警察に届け出なかったとされる。

 医療行為の過失を問われて医師が逮捕・起訴されたことで、全国の医師が抗議声明を発表するなど、公判は医療界の注目を集めている

 公判前整理手続きが昨年7月から計6回実施され、同地裁は、胎盤癒着を認識した時点で胎盤をはぎ取るのをやめるべきだったかどうかを最大の争点として認定した。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 苦労して助けようとした結果、訴えられるというのは何とも。海で遭難した人を必死に助けようとしたけど助けられなかったとして、「浮き輪を常備していなかったのに助けようとしたのが悪い」と訴えられるようなもんですね。

 「紫色の顔の友達を助けたい」さんのところで裁判の傍聴記がみられます。
posted by さじ at 01:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 救急

2006年12月31日

ドクターカーによる高度な処置で、心肺停止患者が社会復帰

三島救命救急センター:一時心肺停止、ドクターカーで助かった /大阪

 心筋こうそくで一時、心肺停止になったが、医師が同乗する特別救急隊「ドクターカー」で処置を受け一命を取りとめた滝川盛夫さん(63)=高槻市天神町2=がこのほど、府三島救命救急センター(同市南芥川町、森田大所長)を無事に退院した。今年10月に同市がドクターカーのフルタイム(365日、24時間)運用を始めて以降、心肺停止患者が社会復帰するのは初めて。滝川さんは「まずは仕事に復帰したい」と喜んだ。

 同市では、救命救急士ではできない難易度の高い処置を施したり、患者の容体に応じて迅速・的確に治療を行えるよう、02年、全国で初めてドクターカー事業の試験運用を開始。運用時間を順次拡大し、今年10月5日から全国で4番目となるフルタイム運用を始めた。

 滝川さんは今月14日、出勤途中で突然気分が悪くなり、帰宅して休んでいたところ、心筋こうそくで意識を失った。家族が119番通報し、4分後に通常の救急車、さらに4分後にドクターカーが到着し、薬剤投与などの救命処置が行われた

 同市消防本部によると、生死を分けたのは、ドクターカー内などで2度目の電気ショックを迅速に行えたこと。最初の電気ショック後も心拍停止を繰り返していたため、医師の判断で実施した。

------

 ドクターカーというのは救急車の豪華版です。医師が乗ってる。更に救急車にはない豪華な設備がある。ドクターカーさえあれば何でもできてしまうほどに。でもお値段も相当する。

 心筋梗塞ってかなりメジャーな病気だと思うんですけど、その生存率は結構低いんですよね、やっぱり。いくら心肺蘇生法やAEDが普及したといっても、社会に復帰できるかどうかはほとんど運のようなものです。今回は救急車が4分、ドクターカーが更に4分で到着するなど、スピードもありましたからね。助かった分、精一杯生きてほしいと思います。

関連
医師が乗る乗用車を、緊急車両に指定。
ドクターヘリを全国整備するための法案をまとめる
救急車の必要性に順位をつける「トリアージ制」を導入する
posted by さじ at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急

2006年12月26日

レントゲン画像を携帯電話に転送するシステムを稼動

芳珠記念病院、レントゲン画像を携帯に転送

 医療法人社団和楽仁(石川県能美市、仲井培雄理事長)が運営する芳珠記念病院(同市)は、救急患者らのレントゲン画像を携帯電話に転送するシステムを29日から稼働させる。

 夜間に患者が搬送され専門医が院内に不在でも、遠隔地にいる医師が画像を受け取り、助言・指示ができる。医師の負担を軽減し、救急医療の初動体制の充実を目指す。

 ナナオが開発した、NTTドコモの第三世代携帯「FOMA」で使う医用画像の携帯転送システムを全国で初めて導入した。現在は試験運用段階で、年末年始の当直体制に入る29日から運用を始める。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 これ画期的だと思うんですけど、携帯が凄いんでしょうか。どこまで拡大できるものなんでしょうかね。レントゲンである程度の予想をつけられれば確かに医師の負担は少なくなると思います。

関連
医学処 医学用画像とエロ画像の境界線
医学処 放射能から眼球部を守る遮蔽装置を開発
posted by さじ at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急

2006年12月08日

ドクターヘリを全国整備するための法案をまとめる

ドクターヘリ導入、自公が合意…今国会提出へ

 救急医療が必要な現場や島・へき地などにヘリコプターで医師を派遣する「ドクターヘリ」について、自民、公明の両党は、全国整備に向けた特別措置法案をまとめた

 今後、野党と協議したうえで、今国会での提出を目指す。

 法案では、都道府県は、国の定める「基本方針」に則して、ドクターヘリ導入のための医療計画を定めるとしている。医療機関のヘリのほか、消防機関や海上保安庁のヘリも活用する。運営費用の一部を国、都道府県が補助するほか、民間からの寄付による基金からの助成も盛り込んだ。費用については、健康保険などからの給付も検討していたが、市町村などの反発が強く、再検討時まで見送ることにした。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ドクターヘリの全国配備か。救急車の平均到着時間が10分ほどでしたっけ。ヘリを入れるとどれぐらいになるんでしょう。長距離の場合大活躍しそうですね。もしかすると臓器移植も活性化するかもしれません。

関連
医学処 心肺停止後から回復までの国内最長記録を更新。記録は2時間45分
医学処 ドクターヘリ大活躍。心肺停止から奇跡の生還。
posted by さじ at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急

2006年12月04日

神奈川県で精神科の救急を完全24時間化へ

07年度中に精神科救急の完全24時間化整備へ/神奈川県、横浜・川崎市

 県内で精神科救急の二十四時間化が進められている。診療の空白時間帯となる深夜から早朝にかけての精神科救急を担う県と横浜、川崎の三県市は二〇〇七年度中にも体制を整える方向。一方で、受け入れ病床や担当医の不足は常態化しており、患者団体は「受け皿の充実がなければ、制度は機能しない」との懸念を隠せずにいる。

 三県市は〇二年度から、自分や他人を傷つける恐れがある「自傷他害」の患者を警察が保護し医療機関に措置する「ハード救急」を二十四時間化した。ただ、症状に応じて患者本人や家族の診療要請を受け付ける「ソフト救急」は対象外だった。

 患者らでつくる「誰もが安心して利用できる二十四時間精神科救急医療を推進する会」(広田和子代表)は「患者や家族が求めているのは、ちょっとした症状の変化を相談できる医療体制」と指摘。「ソフト救急」の二十四時間化を求めてきた。

 その結果、「ソフト救急」も〇三年度から土、日曜の二十四時間化が実現。平日についても〇七年度からの導入を三県市が検討している

 一方で、受け入れ態勢は十分ではない。三県市の精神科救急の病床数(夜間〜早朝の基幹病院分)は現在二十三床で、ニーズに対応できないケースもあるという。広田代表は「病床不足で患者が警察署で長時間過ごしたり、遠方の病院に搬送されたりすることが少なくない」と実情を明かす。

 特に川崎市域は市立川崎病院(川崎区)の二床のみで、県域の十五床、横浜市域の六床に比べ少ない。横浜市は〇七年度に六床を増床する予定。同会はこうした動きと比較して「川崎市内の病床整備が遅れている」と指摘、川崎市に改善を求める要望書を提出した。

 患者の同意を経ずに入院を決定できる「精神保健指定医」の確保も課題。川崎病院では指定医が一人しかおらず、毎週火曜日以外の午後五時以降は、指定医不在の診療態勢が続いている。川崎市は「待遇や勤務条件面から開業を志す精神科医が増えており、指定医の確保は難しい」と説明。「新たな基幹病院の指定を含め、病床確保や適正な救急運営に努めたい」としている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 難しいですね。精神科医といえばどちらかというと面接によって少しずつ治療実績をあげていきたいんだと思います。ま、最終的にはそうやって治療しなければならないんでしょうが、急性的に増悪する患者も当然いるわけで。私の意見としては、他の当直と同様、精神科医が交代でやっていくしかないと思うのですが?さすがに精神科のニーズがこれだけ高まってしまえば、「九時五時」でやっていくのは無理ですよ。

関連
医学処 暴れたので精神安定剤を注射して連行した医師が敗訴
医学処 PTSDの治療と称して女性を殴った医師に賠償命令
医学処 精神科に入院させたことに腹を立てた元患者が自宅に火をつける
posted by さじ at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急

2006年11月26日

救急車の必要性に順位をつける「トリアージ制」を導入する

緊急度に応じ搬送順位づけ トリアージ導入へ消防庁が運用実験

 総務省消防庁は、通報順に救急車を出動させる現行方式では救える命も救えなくなるとして、今年7月、医師や法学者らによる作業部会を設け、トリアージ導入に向けて検討を始めた。今月15日からは運用基準のたたき台を作るため、札幌、仙台、横浜、京都の4市で運用実験を進めている。

 119番通報を受けた指令員らが、患者の意識や呼吸の有無、けがの部位などを聞き取り、救急車が必要な患者かどうかを判断する。実験では通報順に救急車を出動させるが、医療機関の診断結果と照合し、通報段階でどの程度まで患者の状態を把握できるかを検証する。1か月で1万〜2万人のデータを集める予定だ。

 同庁によると、2005年の救急車出動件数は過去最多の528万件。10年前の1・6倍で、通報から現場到着までの平均所要時間も30秒遅い6分30秒だった。

 心肺停止から5分以内に救命措置を始めないと、救命率が急激に下がるとされるが、平均所要時間はこのラインを超えた。搬送者の52・1%は入院の必要がない軽症者で、「救急車で搬送されれば、待たずに診療を受けられる」「救急車なら早く来てくれる」と119番通報した事例も多い。

 ◆判断ミス懸念の声も

 しかし、通報段階でのトリアージには、選別を誤った場合のリスクを懸念する声もある。京都市消防局は、独自に通報内容と現場到着時の容体の違いを調査。その結果、「意識あり」の通報で重症ではないと判断した患者のうち、救急隊到着時に意識がなかった例が0・9%あった。同局は「100人に1人でも誤る可能性がある限り、導入は難しいのでは」と指摘する。

 東京消防庁も通報段階での運用は当面見送るが、現場に到着した救急隊員が容体を見極め、軽症の場合は引き返す「現場トリアージ」の導入を検討。搬送を減らすことで、救急車の回転効率を高める狙いだ。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 本来、トリアージというのは災害などが起こったときに、傷病者を治療が必要な順に分けるときに用います。トリアージタグと呼ばれる札を用いて色別に選別します。そのおかげでより多くの命が助けられるわけです。

 残念ながらわが国は、トリアージのシステムを日常から救命救急に導入しなければならないほど、馬鹿な人が増えているようです。そりゃ「ペットを連れてってくれ」という人と「心臓が停止した」人なら、明らかに後者のほうが緊急を要します。

 ただ、現場で実際に見て、触って確認して選別するわけではなく、患者の「主訴」だけで判断できるものでしょうか。何パーセントかの割合で、ミスが発生するやり方だなと思います。それでも、緊急傷病者をいち早く運ぶには、これしかないのですね。

 嗚呼、自分勝手な人がいなくなれば、わざわざこれを導入する必要もないんですけどねぇ。


 トリアージ

 語源はフランス語の「選別」。救命率を高めるため、重症者から順に治療や搬送をする方式。大勢の負傷者が出た災害や事故現場などでも行われる。国内では2005年4月のJR福知山線脱線事故で初めて大規模に実施された。

関連
医学処 重症者が運べなくなるため、悪質な119番に罰則を与える動き
医学処 こんにゃくゼリーを詰まらた3歳児が受け入れ拒否され死亡
医学処 泥酔してるから様子見→実は脳挫傷で重体だった
posted by さじ at 01:22 | Comment(3) | TrackBack(0) | 救急

重症者が運べなくなるため、悪質な119番に罰則を与える動き

悪質119番許さない! 横浜市罰則化の動き

 救急車をタクシー代わりに使ったり、病気やけがが軽い症状でも119番通報したりするケースが増え、総務省消防庁は、緊急度に応じて救急搬送の順位づけをする「患者の選別(トリアージ)」の導入を検討している。

 この10年で救急車の年間出動件数は190万件も増加。これに伴い、救急車の到着時間が年々遅くなる中、軽症者の搬送で重症者が救えなくなる恐れがあるとして、横浜市は、悪質な利用者に過料を科す条例作りに着手した。

 「救急車を呼ぶケースに当たらない119番通報には、過料徴収も検討すべき」。横浜市で、有識者や市民代表でつくる「横浜市救急業務委員会」が、こうした報告書をまとめたのは今月15日。

 人口約360万人と国内第2の大都市・横浜市では昨年、14万9000人が救急車で搬送されたが、うち58%は入院の必要がない「軽症」とされている。「『子供が熱を出した』という通報で駆け付けたが、具合が悪いのはペットだった」など、委員会の調査でも、あきれるばかりの利用実態が数々、浮かび上がった。

 同市保土ヶ谷区の消防指令センターで指令管制員を務める金子秀二消防士長(43)は、119番通報者から「救急車なら早く診てもらえるから」と言われた苦い経験を明かす。「軽症と思われる通報者に救急車を向かわせた直後、その近くで重症者の通報が入ることも少なくない」。金子さんは顔を曇らせる。

 こうした中、委員会は、罰則と並んで救急車の有料化も検討した。日本では、消防組織法によって救急車の救急出動費用は市町村が負担することになっている。有料化を導入している米ニューヨーク市を参考に、料金のシミュレーションも行ったが、一人暮らしの高齢者が増加していることを考えると、導入には慎重にならざるを得ない

 さらに、何を「悪意」ととらえるかも難しい問題だ。最終的に軽症でも、通報時に重症とみてもやむを得ない場合もあるためだ。

 このため、横浜市は、「悪意のある利用者」を判定する第三者機関も設置する方針。罰則対象については、通報内容が虚偽だったり、症状を誇大に言ったりする「不適正で悪意のある通報者」を想定しており、今後、過料の額や徴収方法、市民への周知期間などを検討した上で、来年度中の条例案提出を目指す。

 また、この条例で、市が行う救急搬送とそれ以外の業務に分類することも検討。救急搬送はこれまで通り救急車で対応するが、緊急性を要さないケースでは、専門の相談窓口や医療機関、民間搬送事業者を紹介することにしている。

 横浜市の常陸哲生救急課長は「条例の目的は過料を科すことではなく、必要のない出動を減らして、患者の救命率を向上させること。救急車本来の目的を市民に理解してもらいたい」と話している。

 ◆救命率向上が大前提

 横浜市では、市のごみ収集車が毎朝のように、救急車の適切な利用を呼びかけながら走り回っている。

 救急隊員から、非常識な通報を続ける“常連さん”の話を聞いたことがある。オオカミ少年のイソップ寓話が思い起こされるが、“常連さん”がタクシー代わりに呼んでいると察しても、救急車は出動しないわけにいかない。本当に一刻を争うケースかもしれないからだ。

 モラルや常識が通用しない人たちに、どう対応するか――。罰則の導入は有効かもしれない。だが、それは、救命率の向上につながることが大前提で、必要な緊急通報をためらうことがないよう、市民から十分な理解を得ることが欠かせない。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 こりゃ酷い…。どうして他者のことを考えられないんでしょうか。ペットや、すぐ診てもらえるからなど、自分勝手な言い分ばかりです。

 救急車の存在とは、救命率を上げるために存在するものです。困っている、切羽詰っている状況で初めて呼ぶ資格があると私は思います。ですが自分がラクをするために、無料だからと、ホイホイ呼ぶ姿勢が目立ちます。罰則化もやむなし、です。

関連
医学処 医師が乗る乗用車を、緊急車両に指定。
医学処 泥酔してるから様子見→実は脳挫傷で重体だった
医学処 救急救命士のアレルギーショック治療薬投与を認めてほしい
医学処 正しい人工呼吸と心臓マッサージのおかげで一命を取り留める
posted by さじ at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急

2006年11月18日

泥酔してるから様子見→実は脳挫傷で重体だった

出血の男性、救急隊が搬送せず 意識不明に 奈良

 奈良県橿原市の県警橿原署の敷地内で、意識がもうろうとした状態で見つかった男性を、通報で駆けつけた橿原消防署の救急隊員が軽傷と判断し、病院に搬送しなかったことがわかった。男性は帰宅後に意識を失い、運ばれた病院で脳内出血などが判明して手術を受けたが、意識不明の重体。同消防署は18日午前、記者会見し、「判断に誤りはなかった」と説明した。

 橿原消防署などによると、15日午前2時10分ごろ、橿原署の駐車場で同県大淀町の製材業の男性(42)が歩いているのを署の幹部が発見。署内のソファに座らせ、同3時ごろに橿原消防署に連絡した。数分後に救急隊員が到着。男性は当時、泥酔状態で、鼻血と左顔面に擦り傷があったが、痛みを訴えていなかったことや会話もできたことから、救急搬送の必要性は低いと判断したという。

 間もなく駆けつけた男性の家族が病院に搬送するよう求めたが、救急隊員が「軽傷の場合は搬送先を探すのに時間がかかる」「自宅で様子を見たらどうか。何かあれば救急車を呼んで」などと伝えると、家族は納得して連れ帰ったという。

 だが、朝になっても男性が目覚めないため、家族が昼ごろ、地元の消防組合に通報。男性は搬送先の病院で脳挫傷などと診断され、手術を受けたが、意識不明の状態が続いている。男性の父親は「頭を打っているかも知れないから、搬送先を探してくれと何度も懇願した」と憤慨している。

 高橋善康・橿原消防署長は「当時の救急隊の判断は適正だったと考えている」と話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 難しいっすな。泥酔状態で軽くすりむいた人全員にCTを義務付けるのかどうかという点において。会話もできていたようですし。割り箸事件と同じように、今後の医療を変えていくかもしれない事例だと思います。

関連
医学処 綿菓子の割り箸が脳に刺さった事件を覚えていますか
医学処 割り箸死亡事件で過失を認められたが無罪となった医師
医学処 こんにゃくゼリーを詰まらせた3歳児が受け入れ拒否され死亡
posted by さじ at 18:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 救急

2006年11月06日

横浜労災病院救急外科医師、李裕道を覚せい剤所持で逮捕

覚せい剤:外科医師を現行犯逮捕 「夜勤の眠気覚ましに」

 警視庁成城署は2日、横浜市港北区小机町、韓国籍で横浜労災病院救急外科医師、李裕道(りひろみち)容疑者(35)を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。李容疑者は「今夏以降、夜勤の眠気覚ましに使っていた」と供述しており、入手先を追及する。

 調べでは、李容疑者は2日午前2時半ごろ、東京都世田谷区砧公園1の路上に止めた乗用車内で、袋入りの覚せい剤2.7グラムを所持していた疑い。パトロール中の警察官が職務質問し、車内を調べたところ、助手席にあったバッグの中などから見つかったという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 覚せい剤を使用していたとなると医師として復帰できないのではないでしょうか。まあ自業自得です。病院が多忙で、寝る暇もない上にミスしてはいけないというプレッシャーと戦っているのは分かりますが、それでも人の道に外れることをしてはいけません。

関連
医学処 東邦大学医学部6年、李光摂を覚せい剤取締法違反で逮捕!
医学処 美容形成外科医、石原秀一を覚せい剤所持で逮捕
医学処 医療機器販売業者が覚せい剤密売人に注射器を売る
posted by さじ at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急

2006年10月21日

こんにゃくゼリーを詰まらた3歳児が受け入れ拒否され死亡

3歳児窒息死:救急搬送受け入れ拒否…川崎市と両親が和解

 のどにゼリーを詰まらせた長男(当時3歳)が窒息死したのは、川崎市立川崎病院が救急搬送を受け入れなかったためとして、同市内の両親が同市に約2000万円の損害賠償を求めた裁判で、両親と川崎市は13日、横浜地裁川崎支部で、同市が両親に和解金300万円を支払うことで和解した。また同市が「救急医療体制、救急患者の受け入れ態勢整備、充実を目指す」ことも和解条件に盛り込まれた。

 訴状などによると、長男は03年8月7日、自宅でこんにゃくゼリーをのどに詰めた。救急隊員が同病院に連絡したが、受け入れを拒否された。12分後に再び要請し、受け入れられたが、長男の心臓は停止しており、同日夜に死亡が確認された。市側は裁判で、最初の受け入れ拒否の理由を、他の患者の搬送中で小児科で受け入れは不可能だったなどと主張していた。

 母親は(36)は「ここまで来るのは長かった。和解で、救急医療が約束された通りになり、悲しい思いをする子がなくなるよう考えてほしい」と訴えた。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ええぇ…。

 そもそも3歳児に普通こんにゃくゼリーを与えるものでしょうか。3歳児に大きな餅を丸々与えたら危険であるというのは誰でも理解できると思うのですが。あんなに弾力性のあるものを丸々与えたらさすがに3歳児では詰まらせても不思議ではありません。

 この事件と同様の事件に「割り箸事件」があります。おそらく、この事件が全国的に広まって以来、小児の救急に関してはどの病院も保守的というか、自分と自分の勤める病院を「守る」ことに専念している気がします。難しい症例、無理そうな症例は断る、という事態です。それではいけないとは思いますが、そうしないと病院が潰れるほど訴訟を起こされるという社会にも問題ありだと私は思います。

関連
医学処 割り箸死亡事件で過失を認められたが無罪となった医師
posted by さじ at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急

2006年09月30日

バナナボートで転落し救命胴衣を装着していない人が死亡

[男性水死]遊具「バナナボート」から転落 沖縄・名護

 29日午後3時20分ごろ、沖縄県名護市山入端(やまのは)の砂浜から約200メートル沖で、水上バイクのけん引で海上を進む遊具「バナナボート」(長さ約3.7メートル、幅約1.3メートル)に乗っていた大阪府堺市堺区中之町東、会社員、仲宗根将巳さん(29)ら3人が海に転落した。仲宗根さんは約10分後に救助され、病院に運ばれたが、30日午前0時50分ごろ死亡した。水死とみられる。他の2人にけがはなかった。

 名護署の調べでは、仲宗根さんは友人とバナナボートで遊んでいた。乗っていた3人のうち、仲宗根さんだけが救命胴衣を着けていなかったという。同署は、水上バイクを運転していた仲宗根さんの知人の男性(26)らからバイクの速度や転落時の状況について事情を聴いている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 泳ぎに自信ないんなら救命胴衣つけなさいよ。

 バナナボートってあれ、かなりスピード出ますよね。普通にしてりゃ転落の心配はないんですけど。わざと転落させるようなところもありますしね。業者ではなく友人が運転しているバナナボートならなおさら。大方この友人がぶっとばしすぎたんでしょう。やれやれです。

関連:医学処 ドクターヘリ大活躍。心肺停止から奇跡の生還。
posted by さじ at 23:11 | Comment(3) | TrackBack(0) | 救急

2006年09月26日

品質保持期限すら切れていない乾パンで食中毒発生

食中毒:防災訓練の乾パン食べ4人が腹痛 横浜市

 横浜市は7日、同市中区の小中学校で実施した防災訓練で配布した乾パンを食べた7〜80歳の男女4人が下痢や腹痛を訴えたと発表した。18歳の男性1人が通院したが、4人とも症状は軽いという。乾パンの油脂の酸化が原因の食中毒とみられ、同区の中福祉保健センターで調べている。

 市によると、防災訓練は3日に行われ、住民ら約3400人に乾パンを配った。市が01年に31万3000食を購入して、中区役所の地下倉庫に備蓄していた。品質保持期限は来年2月だった。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 何故こんなことが起こってしまったのか。非常食といえども注意が必要みたいですね。日本人なら乾パンにはかなりの信頼を寄せているのではないでしょうか?イメージの崩壊も合間って残念な結果となりました。

 自宅の非常食、点検してみて下さい。期限切れでも大丈夫なんて思わないで。
posted by さじ at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急

2006年09月25日

東海道新幹線、山陽新幹線の全駅にAED設置

東海道・山陽新幹線の全駅に救命機器AED設置

 JR東海、西日本は25日、東海道・山陽新幹線の全駅で来年3月までに、心臓蘇生の救命機器である「自動体外式除細動器(AED)」を設置すると発表した。

 AEDは、致死性の不整脈である「心室細動」を起こした人に電気ショックを与えて心臓の動きを正常に戻す機器。ホームや改札口などに置き、駅員を対象に使い方の講習も進める。JR東海は在来線の東海道、中央両線の計8駅でも来年3月までに設置する。

 東海道新幹線では東京や名古屋、新大阪など4駅に設置済み。JR東海によると名古屋駅や新大阪駅では、看護師や駅員の手で電気ショックを与えた例もあるという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 全駅とは思い切った!!しかしGood Job!!

関連
医学処 心配停止時に市民から応急手当を受けると生存率40%up
医学処 9/9は救急の日。AEDコンテストが開催される。
医学処 自動体外式除細動器(AED)に不具合が生じ578台を回収へ
医学処 人工マッサージの回数が変わりました。15回から30回に。
posted by さじ at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急

2006年09月19日

救急救命士のアレルギーショック治療薬投与を認めてほしい

アレルギーショック治療薬、救命士の使用容認を

 アレルギー患者が食物摂取などで激しいショック症状を引き起こした際に効果がある注射薬の使用を、救急救命士にも認めてほしいとして、患者団体が16日までに、赤松正雄厚生労働副大臣に要望書を提出した。同副大臣は「使用実態や安全性を検証する必要はあるが前向きに検討したい」と述べた。

 食物や虫さされ、薬などのアレルギー反応で起きるショック症状は「アナフィラキシーショック」と呼ばれる。死に至ることもあるが、エピネフリンという薬を使えば症状を緩和できる。簡単に投与できるペン型の自己注射薬が昨年3月に認可された。医師や看護師以外に使用できるのは緊急時以外は、本人と家族に限られている

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 むしろ今まで認められていなかったのが不思議なくらいです。アナフィラキシーショックに対しては迅速な対応を求められますが、救急車内で措置できればかなりの救命率になるでしょう。

関連
医学処 スズメバチの大群に刺されアナフィラキシーショックに
医学処 キャンプでハチに襲われ、アナフィラキシーショックに
医学処 医師が乗る乗用車を、緊急車両に指定。
posted by さじ at 16:19 | Comment(3) | TrackBack(0) | 救急
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。