[大学]の記事一覧

2006年03月20日

弘前大学の産婦人科入局者は0人

産婦人科への新規入局 弘大ゼロ

 二〇〇六年度、東北地方の六大学の医学部産婦人科に新規入局する若手医師は計八人にとどまり、うち弘前大学はゼロであることが日本産婦人科学会の調査で分かった。新規入局者は全国で二百十人と、三年前に比べ半減。地方大学の産婦人科が先細りする一方で、全体の三分の一余りの七十三人が東京都での勤務を予定しており、不均衡な一極集中も浮き彫りになった。

 調査によると、来年度の医学部産婦人科入局見込み者は全国二百十人。二〇〇四−〇五年度は卒後臨床研修制度のスタートに伴い、全国的に新規入局者がいないため比較できないが、〇三年度の四百十五人に比べると半減した。地区別では東京都七十三人、関東(東京都を除く)二十八人、大阪府十人、中部三十六人、九州十四人、東北八人、北海道五人など。東北地方八人の内訳は弘前大学ゼロ、岩手医科大学二人、東北大学ゼロ、秋田大学一人、山形大学一人、福島県立医大四人となった。

 〇一−〇三年度をみると、弘前大学は毎年三人ずつ入局し、東北六県では十八−二十四人の新規入局者がいただけに来年度は大きく減員することになる。これは過重勤務、訴訟の多さなどにより産婦人科を敬遠する傾向が強まったことや、研修先を選択できるようになった卒後臨床研修制度により、若手医師の都会志向や大学病院離れが一気に顕在化したものとみられる。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 やはり根底にある大きな問題は『訴訟の多さ』なのでしょう。全国で、産婦人科が潰れているらしいですね。そういう現状をよく知っている若者が、先の見えない科を避けるのは分かる気がします。

 研修先を選べるようになった臨床研修制度(マッチング制度)で都会を選んでしまうのも、若者なら仕方のないことなのか、な。

 訴訟問題を解決するには、国民(=患者になりうるであろう人たち)の意識改革が必要なのかもしれません。

関連:やっと確保の産婦人科医、報酬5520万円


posted by さじ at 05:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | 大学
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。