[身体健康板]の記事一覧

2006年03月21日

手掌多汗症ってどういう病気?

 手掌多汗症は、特に精神的緊張時に手のひらに多量の汗をかき、生活に大きな支障をきたす疾患です。緊張時に手のひらの汗が増えるのは「手に汗握る」の言葉どおり、多くの人が経験するところですが、この病名がつく人の汗の量は想像を絶するものです。テストで紙がぐしょぐしょになる、握手ができないなどなど、患者さん本人の悩みは様々でかつ深刻です。発症するのは小児期であることが多く、10〜30代の若い人中心です。男女差はありませんが、遺伝的要素はあります(一説によると女性のほうが多いと言われています)腋の下や足底の多汗を同時に伴うことが多いのも特徴です。

 手掌多汗症の治療(1)(心療内科的、外科的治療)

 手掌多汗症の治療(2)(皮膚科的治療)

 手掌多汗症の治療(3)(精神科的、漢方、その他の治療)

 続きを読む


posted by さじ at 09:31 | Comment(25) | TrackBack(0) | 身体健康板
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。