2008年06月09日

心筋の成長を促すたんぱく質IGFBP-4を発見する。

心筋成長促すタンパク質発見 千葉大 心臓再生治療へ道

 心臓の形成に必要な上、万能細胞が心臓の筋肉「心筋」に分化するのを促すタンパク質を発見したと、千葉大のグループが四日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。さまざまな臓器などに分化できる万能細胞の一種「ES細胞」に、このタンパク質「IGFBP―4」をかけると、ES細胞が心筋になることを確認した。心筋梗塞や心不全の患者の心臓再生治療に役立つ可能性もあるという。

 IGFBP―4を発見したのは、千葉大付属病院(千葉市中央区)の小室一成教授(循環器内科)らのグループ。さまざまな細胞をマウスのES細胞と一緒に培養し、ES細胞を心筋にする細胞を選抜。この細胞が分泌していたのがIGFBP―4で、ES細胞が心筋になる確率を約二十倍に高めた。カエルの胎児でIGFBP―4を抑制すると心臓ができないことも分かり、心臓の形成に欠かせないことが示された。

 今後、ES細胞や「iPS細胞」(新型万能細胞)から効率的に心筋を作り出して心臓に移植する方法や、心筋梗塞や心不全になった心臓に直接IGFBP―4を注入して心筋を再生治療する方法の確立を目指す。重症な心不全の治療法は現在心臓移植しかないが、国内での実施例は少ない。小室教授は「今まで治療が難しかった重症な患者さんたちの治療に役立てたい」と話した。

 IGFBP―4は「Wnt」という心臓の発生を制御するタンパク質の作用を阻害していたことも判明。Wntはがんなどさまざまな病気に関係しており、IGFBP―4を使ってがんの肥大化を抑制するなどの応用も考えられるという。



 心臓移植がなかなか出来ない以上、数多くいる虚血性心疾患の患者さんを救うためにもこの分野での活躍が求められます。

 この記事の医療は、心筋を再生するのにふさわしいたんぱく質を特定したというものです。以前より取り上げてきた「心筋シート」による治療法もかなり期待できますが、こちらも応用できそう。臨床で使われれば、心臓の機能を上げることで寝たきりの患者さんを減らすことも夢ではありません。

関連
医学処:心臓保護作用ある降圧剤を、合併症患者向けに今秋発売
医学処:幹細胞シートで心筋梗塞を治療する
医学処:生理の血から、心筋っぽい細胞を発見


広告
posted by さじ at 03:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 循環
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。