2008年06月04日

樹木の多い場所に住む小児は喘息の比率が低い。

樹木の多い地区では小児の喘息が少ない

 近隣に樹木が多い場所に住む小児は、樹木の少ない地域に住む小児に比べて喘息の比率が低いことが新しい研究で示され、医学誌「Journal of Epidemiology and Community Health」オンライン版に5月1日掲載された。

 研究グループは、米ニューヨーク市の42地区を対象に、4〜5歳の小児の喘息罹患率および15歳までの喘息による入院件数を調べ、各地区に生えている樹木の数のほか、汚染源、人口密度、人種および民族の構成との比較を行った。同市では、喘息が15歳以下の小児における入院の主要原因となっている。

 調査の結果、対象となった小児の9%が喘息であり、市内には1平方キロメートルあたり平均613本の樹木が生えていた。343本/平方キロメートルに相当する樹木密度の標準偏差増大につき、喘息率がほぼ4分の1減少することが明らかになった。このパターンは、汚染源、社会経済的地位および人口密度について補正した後も認められた。しかし、樹木密度と年長児童の喘息による入院との間には関連はみられなかった。

 研究グループによると、樹木密度が小児の喘息率に直接関連しているわけではなく、樹木が多いことにより子どもの屋外での遊びが促進されたり、大気の質が改善されたりするために喘息が減少している可能性もあるという。ニューヨーク市では2017年までに新たに100万本を植樹することを計画しており、樹木密度が喘息に及ぼす影響をさらに正確に研究できると研究グループは述べている。



 ただ「大気汚染がどうの」というより、もしかすると樹木との間に何らかの関係があるのかもしれませんしね。

 樹木から喘息を抑える成分でも放出されていたりすればいいんですけどねー。実際は屋外で遊びやすいからっていう説が有力か。

関連
医学処:子供の小児喘息が増えており、10年間で倍に。
医学処:兵庫医大によって成人の難治性喘息の仕組みが解明される。
医学処:鼻や副鼻腔の疾患をかかえる小学生は12%と過去最高に。


広告
posted by さじ at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。