2008年05月26日

先天性側弯症の治療機器を保険適用して

「治療機器承認して」背骨変形の難病患者ら厚労相に要望

 背骨の一部が生まれつき変形しているために背骨全体がねじれる「先天性側わん症」患者の親らが19日、治療器具の認可を求める要望書を舛添厚生労働相に提出した。約6万4千人の署名も添えた。

 患者や家族でつくる「VEPTR(ベプター)の会」(成松恭子代表)が認可を求めているのは米国製の器具。この病気では、病状の進行により肺の成長が妨げられ死に至ることもあるが、体内に装着すれば肺の成長を助けられる。世界25カ国で使用されているが、日本では未認可。「この器具で救える命がある。保険適用のため一日も早く認可して欲しい」と成松代表は訴えた。



 小学生の頃に、前かがみになって背骨の変形を見る検査を、健康診断でやった人も多いと思います。あれです。あれが前屈試験といわれ、先天性側弯症の鑑別に役立つといわれています。

 骨の変形といえど、一生の問題ですからね。治る器具があるならば、当然保険適用すべきでしょう。


広告
posted by さじ at 23:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
すみません、ちょっとだけ訂正させてください。
学校で行われている脊柱側わん検診は、学童期/思春期特発性側彎症を早期発見するために行われています。先天性のものは、生まれたときからの奇形ですので、誕生時点から1歳ていどまでの検診で発見されることになります。
Step by step [側彎症ライブラリー]というブログで側彎症に関する知識と情報の発信に努めています。ご参考にしていただけますと幸いです。
Posted by august03 at 2008年06月08日 13:33
訂正ありがとうございます。参考になりました。
Posted by さじ at 2008年06月09日 03:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。