2008年05月16日

堺のヘリ墜落事件の操縦士はサルコイドーシスを患っていた。

堺のヘリ墜落、操縦士の不適「難病」判明…検査医立件を検討

 堺市で昨年10月、「大阪航空」(大阪府八尾市)所属のヘリコプターが南海電鉄の線路上に墜落し、操縦士(当時40歳)と乗客(同44歳)が死亡した事故で、操縦士が約6年前から、操縦が認められない難病の「サルコイドーシス」にかかっていたことが、大阪府警捜査1課の調べでわかった。

 事故との因果関係は不明だが、指定検査医(53)は罹患を知りながら、毎年1回の検査で操縦適合の判定を出しており、府警は航空法違反容疑での立件を検討している。

 サルコイドーシスは、臓器などに肉塊のようなものができる原因不明の病気。目に発症すると視力障害につながり、国土交通省は、航空身体検査マニュアルで操縦不適合の疾病に指定している。

 府警や医療関係者によると、操縦士は2002年、事業用操縦士の免許を取得。サルコイドーシスを発症したのは同年秋ごろで、03年から大学病院で専門医の治療を受けるようになった。この専門医によると、肺と皮膚に出来物が確認されたほか、目にもサルコイドーシス特有の炎症を起こしており、操縦士は目のかすみを訴えていたという

 読売新聞の取材に対し指定検査医は「コメントできない」としている。事故は昨年10月27日に発生。飛行中だったヘリが失速、墜落した。



 サルコイドーシスだったとは。

 サルコイドーシスによって起こる目の病気といえば。そう、ブドウ膜炎です。

 ブドウ膜とは、虹彩、毛様体、脈絡膜の3つの総称で、眼球を包むかのごとく連結しています。ここが炎症を起こすことで、目がかすんだりしてしまうのです。

 しかし飛行できないほどの症状が出ているとなれば、担当した医師の責任問題なのではないでしょうか。勿論、飛行できないとなれば本人の死活問題にもなりますけれど、それでも命を天秤にかければ、フライトを止めるべきです。何のための産業医なのか、分からなくなってしまいますから。

サルコイドーシス関連
医学処:料理人が作った、小児の投薬向け黒糖シロップ


広告
posted by さじ at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眼科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。