2008年04月24日

乳製品を多く取る男性は前立腺癌になりやすい?

乳製品が前立腺がん促進? 他のがんには予防効果も

 牛乳やヨーグルトなど乳製品を多く取る男性は、前立腺がんになる危険性が、ほとんど取らない人の約1・5倍になるとの疫学調査結果を、厚生労働省研究班が16日、発表した。

 研究班は9府県の45−74歳の男性約4万3000人を平均7年半追跡。この間、329人が前立腺がんになった。牛乳で摂取量が最多のグループ(1日コップ1杯半)は、最少のグループ(ほとんど飲まない)より危険性が1・53倍大きかった。ヨーグルトや乳製品全体でも、最多グループの危険性は、最少グループの1・52−1・63倍だった。

 乳製品は大腸がんや他の疾患を予防するとの報告もあり、研究班の倉橋典絵国立がんセンター研究員は「一概に摂取を控えるべきだとはいえない」として、乳製品の利益と不利益のバランスを明らかにするような調査が必要だとした。



 何ででしょうね。乳製品に含まれる脂肪分か、もしくは内分泌に影響を与えるような何かが前立腺に悪影響を?

 いや、でも、癌ですもんね。そんな理由ではないような気もします。

 まぁ今までどおり食べても平気でしょう。

関連
医学処:殺菌してない「生乳」には食中毒の原因となる菌が含まれている
医学処:瓶の牛乳は蛍光灯の影響を受けて酸化臭がするようになる。
医学処:メタボリック症候群の防止効果があるチーズ


広告
posted by さじ at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。