2008年04月21日

生理の血から心筋細胞を取り出し心臓病治療に使う。

女性の経血から心筋細胞…骨髄細胞より100倍効率良く

 心臓病治療などに使える可能性がある心筋細胞を、女性の経血から効率良く作ることに、慶応大と国立成育医療センターなどのグループが成功した。

 骨髄細胞より約100倍も効率が高く、採取に痛みと危険を伴わない利点がある

 慶大の三好俊一郎講師らは、女性9人から経血の提供を受け、約1か月培養して、再生能力を持つ幹細胞だけを分離。これらを心筋梗塞にしたラットの心臓に移植すると、移植した細胞が心筋に変化し症状が改善した。

 また、シャーレの中でラットの心筋細胞と一緒に2週間培養すると、20%の細胞がシート状の心筋細胞に変化して拍動を始めた。人の骨髄細胞だと、0・2〜0・3%にとどまった。

 経血には子宮内膜の組織が混ざっていて、この中に幹細胞が多数含まれているらしい。三好講師は「特に心臓の組織になりやすい性質があるようだ。心臓病の治療や、心臓の治療薬の副作用を調べるのに使える可能性がある」と話している。



 ブログ開設の最初のほうで取り上げたことで記憶していますが、

生理の血から、心筋っぽい細胞を発見

 これの続編のようなものですね。しかし実用化の可能性まで出てくるとは・・・素晴らしいです。

関連
医学処:月経血から、筋肉細胞を取り出して筋ジストロフィーの治療に
医学処:子宮筋肉に、幹細胞が存在する。


広告
posted by さじ at 00:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 移植
この記事へのコメント
こういうニュースを見ると医学は日々進歩してると実感しますね
Posted by S at 2008年04月21日 11:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。