2008年04月19日

総肺静脈還流異常症の1176gの男児の手術に成功する。

極小未熟児の心臓手術に成功…静岡県立こども病院

 静岡市の静岡県立こども病院は17日、極低出生体重児(極小未熟児)で心臓病の男児に、人工心肺を使った開胸手術を行って成功したと発表した。

 同病院によると、男児は妊娠33週の早産で、手術時体重もわずか1116グラムと、国内最少の成功例という。

 手術が成功したのは同県島田市の会社員田中義夫さん(28)と妻、愛子さん(29)の長男兜惺ちゃん。昨年11月14日に生まれた時の体重は1176グラム。呼吸異常があったため検査したところ、先天性の「総肺静脈還流異常症」の中でも治療が困難な「下心臓型」と判明。

 血液が正常に心臓に流れず、命に危険があったため、同月30日に同病院で手術。人工心肺を使って約50分間、ピンポン玉より小さい心臓を停止させ、正常な位置に心臓の血管をつなぐなどした。

 兜惺ちゃんの経過は順調で後遺症もなく、今月19日に退院を予定している。



 静岡県立こども病院、次々と難手術を成功させております。このスキルが全国的なものになれば、多くの子供が救われるわけです。他の小児心臓外科医のための手本となっていただきたい。

 さて、義夫さんと愛子さんの子供、兜惺ちゃん。何と読むでしょう?答えは関連リンクの後!

関連
医学処:国内で最小の新生児心臓手術に成功。症例は総肺静脈還流異常症
医学処:世界でほとんど報告のない、重度の心臓疾患の難手術に成功する。

 答え:兜惺(とうせい)


広告
posted by さじ at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。