2008年04月19日

東京医科大学病院で専門医資格を取り消された医師が復活。

東京医大4人死亡手術「技術未熟」の医師、再び専門医認定

 東京医科大学病院(東京都新宿区)で2002〜04年に心臓手術を受けた患者4人が相次ぎ死亡した問題で、「心臓血管外科専門医認定機構」(幕内晴朗代表幹事)は16日、手術を担当し、技術が未熟だとして専門医資格を取り消された男性外科医(48)について、専門医として再認定したと発表した。

 専門医資格を取り消された医師の再認定は異例で、同機構としては初めて。外科医は約10か月の再教育を受けており、同機構では「再教育で技量が向上した」と理由を説明している。

 死亡した4人はいずれも心臓弁膜症の手術を受けた。病院側は当初、原因は合併症と説明していたが、外部の専門家の調査委員会が「技術が未熟な医師に任せたため、死亡例が続いた」と指摘したことで、一転して落ち度を認めて謝罪。同機構も05年4月、外科医の専門医資格を取り消した。

 同機構によると、外科医はその後、手術の現場から離れていたが、東京大学病院が受け入れを決めたことで、昨年6月に現場復帰。再教育の一環として、同病院で今年3月までに弁膜症35例を含む計76例の心臓手術にかかわり、うち7例については手術を取り仕切る執刀医を務めた。



 反省し、技術が向上したのであれば、再度認定されてもいいと思います。

 しかし、48歳ですよねぇ。そんな急に技術が向上するものでもないような気がしますが…。

関連
医学処:東京医大病院で、医療ミスをした5組の遺族と和解が成立
医学処:東京医科大学病院で不適正な診療報酬請求が発覚。
医学処:東京医大でも、認定医試験で不正、受験資格停止へ


広告
posted by さじ at 14:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | 大学
この記事へのコメント
この病院は、Drはボチボチ。看護師は最悪。

患者には人権がありませんよ。最悪な看護体制ですね。

近いうちに、人権問題として、訴訟しようかと考えてます。
Posted by みやび at 2011年08月26日 16:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。