2008年04月17日

米国の女子大生「日本で桜を見れたら命を絶てる」

「日本でサクラ見られたら命絶てる」 米国の女子大生、北海道で行方不明

 行方不明になっているスカイ・バドニックさん 米国コネティカット州サディントンの大学生、スカイ・リン・バドニックさん(21)が旅行先の北海道で行方不明になっている。来日した母親のスーザンさん(54)らが15日、札幌市内で記者会見し、「早く家族に連絡して」と訴えた。

 スーザンさんらによると、スカイ・リンさんは今月1日、サディントンの自宅に「友達の家に泊まります」との書き置きを残したまま行方不明になり、家族が4日、地元警察に捜索願を出した。パソコンの記録などから、800ドルを引き出し、ワシントン、成田経由で2日夜、新千歳空港に着く航空券を買ったことがわかった。

 大学で日本文化史などを専攻しており、以前、「日本に行き、サクラを見ることができたら満足で、命を絶てる」などと話していたという。鬱的症状があることから、家族は「所持金が尽きたら自殺の恐れがある」と来日し、北海道警千歳署に捜索願を出した。

 スカイ・リンさんは身長168センチ、体重81.6キロ。白人で、ブルー・グレーの瞳、髪は茶色だという。米国を出たときはジーパンに黒っぽいティーシャツ、龍の柄のスウェットシャツなどを着ていたのではないかとみられている。

 「何か情報があれば、在札幌米国総領事館((電)011・641・1115)に知らせてほしい」という。



 なんとも・・・。

 普通は逆じゃないですかね。日本人なら、桜を見たら生きる気力がわいてくるような気がします。それくらい、桜という花は美しいです。

 スカイさんも、もしかしたらどこかで、桜を目にして、死ぬのをやめてくれたかもしれません。


広告
posted by さじ at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック