2008年04月06日

赤ん坊の父親を特定するDNA鑑定キットをドラッグストアで販売

赤ちゃんの父親は誰?=米社が鑑定キットを店頭発売

 米アイデンティジーン社は28日までに、赤ちゃんとの血縁関係を迅速に調べられるDNA鑑定キットの販売を全米のドラッグストアで始めた。

 鑑定キットを購入し、例えば、調べたい男性と赤ちゃん双方の唾液を同社に送ると、5営業日以内に親子か分かるという。赤ちゃんの母親の唾液も送った方が精度が高まり、同社は「(診断は)99.99%正確だ」と強調する。

 従来は親子関係を遺伝子診断するには、医師や弁護士を介するため時間やコストがかかった。新商品は、鑑定料を含め149ドル(約1万4900円)とお手ごろだ。ただ、裁判で親子認定の証拠として使うには、より正確な鑑定を受ける必要がある。 



 女性にとっては恐怖以外の何者でもないキットが店頭販売されるそうで…。

 なんか離婚が増加しそう…。

関連
医学処:48年前に他の新生児と取り違えられ男性が勝訴。
医学処:代理出産などの生殖補助医療に関する法整備が始まる。


広告
posted by さじ at 22:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 生殖
この記事へのコメント
女性にとって恐怖・・・?
ああ、浮気の子を何食わぬ顔で、って人なら恐怖ですね。

でも逃げ腰の男性に「確かにあなたの子よ!」とか、
疑い深い夫に「間違いないわ!」とか、離婚の際の養育費問題とか、
女性にとって心強いツールにもなりえるかなとも思ったり。
Posted by 通りすがりの女性 at 2008年04月08日 10:57
なるほど。確かに女性にとってもメリットはありますね。笑
本当に俺の子かという逃げ道が完全に潰れるわけですし。
Posted by さじ at 2008年04月08日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。