2008年04月04日

うつや不安障害に脳内物質アクチビンが関与か。

アクチビン:不安障害やうつ病などに関与…三菱生命研解明

 不安障害やうつ病などの病気に、脳内で分泌される「アクチビン」というたんぱく質が関与している可能性があることを、三菱化学生命科学研究所(東京都町田市)の研究チームがマウスの実験で突き止めた。2日付の米科学誌電子版に発表した。研究チームは「従来の薬が効きにくい不安障害に対する治療法開発に役立つかもしれない」と話している。

 研究チームは、遺伝子操作でアクチビンを働きにくくしたマウスとアクチビンの分泌量を増やしたマウスを作り、行動を調べた。

 アクチビンが働きにくいマウスは明るい場所や高い場所を怖がる不安行動が強まったが、アクチビンが増えたマウスはそうした場所を怖がらず、大胆に行動するようになった。

 また、うつ病などになると脳内の新たな神経生成が抑制されることが分かっているが、アクチビンを働きにくくしたマウスの脳では、神経生成が正常マウスの2割程度になることも確認した。

 世界保健機関(WHO)によると、不安障害やうつ病の人は世界の成人の約1割に達するとされ、うち数割は従来の薬が効かない難治性だという。

 井ノ口馨・同研究所主任研究員は「アクチビンの調節が、不安治療の新たなターゲットになる可能性がある」と話している。



 うつ病や神経症などは遺伝子も関与していますが、やはり成長過程においての出来事も関わってくるのでしょうね。

 アクチビンの量がどのようにして決まるのか。例えば幼少期に起こった出来事によるストレスなどでアクチビンの量が変わってしまうとしたら。

 それは病気でなくても、臆病な人とか、活発な人とか、そういう性格(人格?)の問題にも絡んでくると思います。自己啓発なんかは最終的にアクチビンのような脳内物質を多くしているのかな?

関連:うつ病治療薬LuAA21004の第3相臨床試験を開始


広告
posted by さじ at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。