2008年04月03日

百日咳、何故か急増中。大人の感染に注意して。

百日ぜき患者が倍増、過去10年間で最速ペース

 激しいせきが続く百日ぜきの患者が、今年は過去10年間で最も速いペースで増加していることが、国立感染症研究所感染症情報センターの調べでわかった。

 国内の小児科3000か所からの報告によると、今年に入って確認された患者は664人(3月16日現在)で、昨年同期(331人)の約2倍。大人も含めた全体の患者数も急増しているとみられ、同センターでは注意を呼びかけている。

 百日ぜきは、春から夏にかけてが流行のシーズン。風邪に似た症状で始まり、大人の場合は長引く激しいせきのほかは、比較的症状が軽いのが特徴だ。このため、発症に気づかないケースも珍しくない。しかし、大人が感染源となって、ワクチンを接種していない乳幼児に感染すると、肺炎のほか、手足のまひ、目や耳の障害などの後遺症が残る例がある。このうち0・2〜0・6%の乳幼児は死亡するとされる。

 国内では、生後3か月以降に計4回のワクチン定期接種の機会があるが、ワクチン効果は年月がたつにつれ減少するため、大人がかかるケースが近年増加。現在では、小児科からの報告でも20歳以上の症例が3割以上を占める。同センターでは「乳幼児は早めにワクチンを受け、大人も、せきが長引けば病院を受診してほしい」と話している。



 ただの風邪だったら、1週間もすれば治りますからね。咳ばかり出ておかしいな?と思ったら、すぐに病院へ行って下さい。知らず知らずのうちに菌を撒き散らして、免疫力の弱い子供にうつしてる可能性もなきにしもあらずですから。

 しかしこのまま急増するとなると、ワクチン効果の減っている大人への対処法も求められますね。もう一度ワクチンを打っても効果が上がるかどうかちょっとまだ分からないんでなんとも言えませんが。

関連
医学処:香川大学医学部で百日咳の大流行。職員にまで広がり休講に。
医学処:なぜか大人の間で年々広がっている、百日ぜきの流行。


広告
posted by さじ at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。