2008年03月28日

無保険で受診が遅れ死亡した人が年間31人いた。

無保険などで31人が死亡/07年、受診遅れと民医連

 全日本民主医療機関連合会(民医連・東京)は25日、国民健康保険の保険証がないなどの理由で受診が遅れ死亡した人が昨年1年間で全国で31人いたと発表した。

 全国の民医連加盟の医療機関などを調査、18都府県から事例が報告された。その他の道県からは報告がなかった。

 内訳は無保険が15人で最も多く、期間が短い短期保険証が7人、いったん医療費全額を支払わなければならない資格証明書が5人、保険証はあるが経済的理由から受診しなかった人が4人。

 男性、60代が多く、無職やパート、アルバイト、年金生活者が8割近くを占めた。死因はがんが14人で最も多かった。都道府県別では神奈川の4人、大阪、福岡、沖縄の3人などが目立った。



 病気を我慢してしまうヒトって、いますよね。まぁ私も、大したことないと判断してしまえばなかなか病院で受診しないタイプ(ズボラ)の人間なので気持ちは分かるのですが…。

 その理由が無保険というのはどうにも。日本ほど、安価で確実な保険はないでしょう。保険に入らないのはお金がないから?しかし保険料分など煙草やお酒を断てばまかなえるような金額だと思うのですが・・・。ステレオタイプかもしれませんが、何かを我慢してでも、国民皆保険には入っておくべき、だと思います。

関連
医学処:貧困ゆえに虫歯の治療を受けられなかった少年が死亡する。
医学処:医療費未払いという詐欺行為を働いているのは高齢者、無職、フリーター
医学処:マイケルムーア監督作品「SiCKO」レビュー


広告
posted by さじ at 03:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。