2008年03月28日

患者を乗せて病院内を自走するロボットが誕生する。

車いすロボットが病院案内/患者乗せ、九大病院で実験

 九州大と、福岡市の外郭団体「九州システム情報技術研究所」のプロジェクトチームは26日、患者を乗せて病院内を自走し診察室などへ案内する「車いすロボット」の実証実験を福岡市の九大病院で公開した。

 開発担当者によると、「実用化した病院はなく珍しい取り組み」で「患者の案内に付き添う医師や看護師を減らせ、患者と病院側の双方が治療に専念できる」と将来の運用開始に期待している。

 実験では患者役のスタッフが車いすに座り、電子タグ付きの診察券を専用携帯端末にかざすと、音声で「診察室に向かいます」と告げ移動。床面のセンサーを読み取り、ゆっくりと歩く程度の速さで進んだ。

 この日の実験は、来院者らが立ち入らないスペースで行われたが、ロボットは関係者を障害物と感知してよけたり、携帯端末に現在の位置や診察の待ち人数を表示し、実験は成功した。



 こりゃ凄いですね。しかし大学病院などは結構混雑すると思うので、そこらへんでも大丈夫なのかどうかがポイントかと。医師も看護師も実際にちゃんと患者が移動できるかどうか、最初のうちは不安でたまらないのではないでしょうかね。一緒についていったりするかもしれません。笑

関連
医学処:会津中央病院で受付案内ロボットを導入
医学処:宇宙空間や戦場での手術として、ロボットによる遠隔操作を行う
医学処:歯科医が誤った処置をすると、痛いと叫ぶロボット


広告
posted by さじ at 03:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。