2008年03月27日

寝たきりの高齢者に効果的な、うつぶせ療法について。

うつぶせ療法に注目 寝たきりの諸症状に効果も

 寝たきりの諸症状を改善する「うつぶせ療法」の輪が広がっている。普及活動を初めて3年余のNPO法人「腹臥位療法研究会」によると、短時間で呼吸や誤嚥が改善したり、排痰を促したり、初期の肺炎さえ治った症例もある。仮性認知症の解消や、排泄の自立が劇的に進んだ人も多い。血行やリンパの不良も改善し、健常者のドロドロ血予防にもなるという。

 「初期の肺炎で入院してきた寝たきりの82歳男性は、呼吸がぜこぜこして、肺のX線写真も痰で真っ白だったが、うつぶせにしただけで、大量の痰がドッと出て3日後には解熱して退院できた」

 研究会員で国立病院機構南横浜病院(横浜市)呼吸器外科医長、大内基史さん(46)はこう説明する。「動物は腹ばい姿勢が基本で尿や便が自分にかからないようできている。人間も同じ」とも。

 うつぶせ療法は、うつぶせで眠るわけではなく、うつぶせの体位を朝夕15分ずつとるだけで効果があるという。

 「長期間、仰向けでいたために関節がこわばって屈曲した手足が、うつぶせにすると筋肉がほぐれて伸びてくる。首が反って狭まっていたのどが広がり飲み込みが改善するので、気管に誤嚥して肺炎になる危険が減る」

 呼吸も楽になり血中の酸素濃度が増し、炭酸ガス濃度は減る。「肺炎が悪化した84歳女性をうつぶせにして10分ほどで、大きく低下した酸素濃度が正常値以上になり、3倍近かった炭酸ガス濃度が正常値以下になった」

 同じく研究会員で泉ケ丘病院(福井県敦賀市)の作業療法士、橋爪伸幸さん(38)は「肺にたまった痰も、自然の重力などで排出しやすくなる。1日4回のチューブ吸引が必要なくなった90代男性もいる」と話す。

 福岡県内の病院では、寝たきりでオムツを着けた84人のうち6割が、2〜6週間で自分で排泄ができるようになったという。「寝たきりでオムツを着けると、無口で無表情の仮性認知症になりやすいが、呼吸や排泄などが改善されると笑顔が戻り、発語も増える」と橋爪さん。

 内臓の圧迫がなくなるため血行やリンパの流れが良くなり、脳や肺などの血栓予防として寝たきりではない人の健康法としても有効だという。

 うつぶせ療法には「決まった作法や用具はない」と大内さん。基本は布団やベッドの上で全身をうつぶせにして、顔を横に向ける。「関節痛などがある人は、横向きに近い半うつぶせにするといい。枕や丸めた毛布などにもたれると楽。脇の下に指3本分の厚さにたたんだタオルを敷くと、下の腕がしびれない」。腰や背中の曲がりが大きい人は「座った状態でテーブルなどに枕を置き、突っ伏すだけでも効果は同じ」という。

 注意点は(1)寝返りさせる際はゆっくり。決して勢いをつけない(2)痛がる姿勢は避け、向きを変えたりクッションを入れたりしてリラックスできる体位に(3)初めは痰が大量に出るので、指でかき出してあげる(4)体の前面は床ずれしやすいので、慣れても最長2時間に−。

 会員らは各地で講習会を続けており、うつぶせ療法を導入する病院や施設は徐々に増えている。ただ、「看護師が行おうとしても知識のない医師に止められてしまう病院が少なくない」と大内さん。橋爪さんも「家庭では家族に体力がない場合はヘルパーなどに頼むことになるが、介護・看護施設側に理解がないと協力してもらえない」と指摘する。



 あの日野原先生もうつぶせ寝の効果は評価されていました。

 実際効くのか分かりませんが、私は小さい頃からうつぶせ寝です。横と半々ですが、仰向けでは寝ないですね。なんか、身体が痛くなる感じがします。

 よく「うつぶせで寝ると苦しくないか?」と聞かれますが、首を横にしたときの枕との相性があるぐらいで、別に苦しくはないですねぇ。朝までぐっすり眠れます。まぁ元々体は健康なので、うつぶせによる恩恵を受けているのかどうかはイマイチ分かりませんが。

 これから、うつぶせ療法が普及してくると思います。どうしても高齢者になると呼吸器系統が弱ってしまうので、医師、看護師との連携のもとで、うつぶせ療法を試みてみてはいかがでしょうか。

関連
医学処:日本人は睡眠時間が短くなっており、とうとう世界で最短に。
医学処:仰向けで寝ると美人になる
広告
posted by さじ at 15:21 | Comment(3) | TrackBack(0) | 呼吸
この記事へのコメント
こんにちわ、さじさん
簡単にできて、劇的な効果。いいですね!
これからも、このような記事紹介してくださいね!大分昔ですが、マゴット(ハエ幼虫)セラピーも興味深いものでした。

私もうつ伏せ派睡眠です。
Posted by at 2008年03月28日 03:00
ありがとうございます。
出来るだけ紹介していきたいと思いますので、宜しくお願いします。

うつ伏せ派が増えて嬉しいです。笑
Posted by さじ at 2008年03月28日 17:01
二年ほど前に、大阪の精神病院で看護師が認知症の高齢者を布団で頭からくるみ、かつうつぶせ寝をさせたとして殺人罪に問われた裁判がありました。布団でくるむと窒息する危険性がある、うつぶせ寝は腹圧が上がって嘔吐の危険性があり、看護上許されない、ということで有罪となりました。死因は特定できないけれど、頭から布団をかぶせる行為が犯罪とされた初めての判例でもあり、うつぶせ寝が看護上許されない危険な行為として裁かれた初めての判例でもあります。
社会的にも注目すべき裁判ですが、マスコミも裁判経過について報道もなく、世の中がおかしくなってきているように思いました。
Posted by chindon at 2016年10月02日 09:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91220939

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。