2008年03月27日

全国で初めて、救命救急センターが廃止される。

全国初の救命救急センター廃止 室蘭の日鋼病院

 北海道室蘭市の日鋼記念病院の救命救急センターが、31日付で廃止となることが25日までに決まった。生命に危険のある救急患者を治療する救命救急センターの廃止は、全国で初めて

 日鋼記念病院は、昨年10月ごろから運営方針などをめぐって医師が相次いで退職。医師不足から救命救急センターの機能が維持できなくなり、12月に道に廃止を申し出ていた。

 道は地元の3市3町や国と相談の上、近隣の医療機関で重症患者の受け入れが可能と判断し、廃止を決めた。



 病院の運営方針と医師が対立…。具体的に何が争点だったのかは分かりません。しかし医師と病院の運営側が対立するとなると…おそらく病院側はより利益を出そうとし(それでも大赤字でしょうけれど)、対して医師は労働条件の改善を求めたというところでしょうか…。憶測ですが。

 いずれにせよ今日本で起こっている問題の多くは、医師不足、医療費削減問題に絡んだものですからねぇ…。国ももう少し認識していただきたい。このままでは医療水準が…世界最高の医療が…。
 

関連:本日、救命救急センターが2つ開設


広告
posted by さじ at 02:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | 救急
この記事へのコメント
要らない全国〔初〕ですね・・・
ホントにいらないな。
Posted by at 2008年03月30日 18:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。