2008年03月20日

嘘の勧誘方法で販売したニューウェイズに業務停止命令

うその勧誘で美容製品販売 米系「ニューウエイズ」処分

 「市販の化粧品には毒が入っている」「人に紹介するだけで収入が得られる」などと一部の会員が虚偽の話をして、多くの消費者に商品を買わせたなどとして、経済産業省は20日、米国に本社を持つ美容製品・健康食品販売大手「ニューウエイズジャパン」(横浜市)に対し、3カ月間の一部業務停止命令を出した。全国の消費生活センターに約3年間で3千件以上の苦情が寄せられていたという。

 消費経済対策課によると、ニューウエイズジャパンの一部会員が「市販の化粧品を使うと毒がたまる。がんになる。うちの商品だけが安心で、アトピーも治る」などと言い、自分たちで作ったビデオを見せて数十万円の化粧品、栄養ドリンクなどを買わせた。購入者には「友人を紹介すれば収入がある。会社が家や高級車を買ってくれる」などと言って勧誘活動をさせたりした。

 05年ごろから「症状が治らない」「約束されたはずの収入がない」とする苦情が増えた。昨年夏に同課が立ち入り調査。商品の効能説明に裏付けはなかった。また、友人が同社の商品を買って初めて、勧誘者の収入になる仕組みだったことが確認された。

 同社は約49万人の会員がおり、年間売り上げが約598億円。会社としてこうした勧誘活動は進めていないといい、「処分を重く受け止め、法令順守に取り組みたい」との談話を出した。



 うわあ、言いそう〜。

 市販の化粧品には毒があるって、じゃあ具体的に成分を教えろっていう話ですよね。そしてオタクの商品に毒が入ってないという証拠を見せろと。更にアトピーが治るというのならどういうメカニズムなのかと。

 アトピーが治るなら、会員制高額商品ではなくて、保険適用されるはずです。がんとかアトピーとか難病を絡めて商品を売ろうとするのはよろしくないです。まぁそれだけの商品だということなんですけど。

 最近この手のやつって、「これこれこういう理由でマルチ商法ではない」と言っていますけれど、マルチ商法の定義から少しずれているだけで、まぎれもないネズミ講であることに注意したいですね。まともな商品ならまともに大手量販店で売っても売れますって。儲かる人なんて頂点の人だけなので、ご注意下さい。

関連
医学処:腰痛、うつ病、パーキンソン病が治る携帯音楽プレイヤー(笑)
医学処:聴覚障害者をターゲットにしたマルチ商法による被害が相次ぐ


広告
posted by さじ at 03:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。