2008年03月19日

たばこ税の大幅な引き上げを日本学術会議が提案する。

たばこ税の大幅引き上げ提言 日本学術会議

 日本学術会議は4日、脱たばこ社会の実現に向けた提言を公表した。たばこ税の大幅引き上げや公共の場所での喫煙の禁止を盛り込んだ。

 現状の問題点として、たばこの箱の注意表示が不十分で、いたるところに自動販売機が設置されており、価格も極めて安いと指摘。欧州30カ国と規制を比べたところ、脱たばこ社会の最後進国だとした。

 そのうえで、喫煙率削減の数値目標を設定、たばこ箱の警告文を簡潔で目立つようにする、税を大幅に上げて税収を確保したまま消費量を減少させる、などを提言した。



 値上げは問題あると思うので、まずたばこの自動販売機を制限してみては?でもコンビニも普及してるし・・・。

 国としては税金沢山とれるんでたばこ税の導入をしたいんでしょうね。喫煙による健康被害、そしてそのための医療費などを考えるなら、最もよい解決策はたばこ税の値上げでしょう。本気で喫煙率を下げたいなら箱に警告文とかイラストとか書くより値上げすりゃ一発じゃないですか。

 チマチマ上げてもどうせクレーム来るんですから、いっそのこと500円ぐらいアップしてみては?1箱800円でどうでしょう。

 たばこ税なんて、上げやすいと思うんですけどねぇ。健康に悪いものだという大義名分もありますし。これに反対する政治家って相当のアホですよ。それお前自分が吸いたいだけじゃんって話ですわ。議題に上げてしまえばすんなり通ると思うんですけどねぇ。まぁ政治家のレベルが低いうちは無理ってことですかね。

関連
医学処:禁煙へ挑戦するためのまとめ
医学処:タバコを吸うとストレスが解消されるというのは大間違い
医学処:タスポ導入で煙草離れが進むかもしれない


広告
posted by さじ at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。