2008年03月14日

乳がんの悪性化を引き起こす遺伝子を特定する。

乳がん悪化のカギ遺伝子を発見 米グループ

 乳がんが悪性化する時に決定的な役割を果たす遺伝子を米カリフォルニア大ローレンス・バークリー国立研究所の厚井重松輝美上級研究員らのグループが見つけた。13日付の英科学誌ネイチャーに発表する。この遺伝子はギャングのボスのように多数の遺伝子の働きを変え、がん細胞の増殖と転移を促す。乳がんの悪性度の診断法や治療法の開発につながりそうだ。

 グループは、転移した乳がん細胞で働いているSATB1という遺伝子に注目。SATB1が活発に働くと、患者の生存率が下がる傾向があることを見つけた

 培養した乳がんの細胞でSATB1が働かないようにすると、1000以上の遺伝子の働きが変化し、がん細胞の増殖が抑えられた。マウスのがんではSATB1が働かないようにすると増殖や転移が抑えられ、働くようにすると転移が増えた。SATB1はゲノムの構造を変えて、多数の遺伝子のスイッチを切り替えているらしい。

 「1個の遺伝子が乳がんの転移を決めている可能性がある。この遺伝子を標的にした治療法が考えられるだろう」と厚井重松さん。



 以前、人の遺伝子が解明されれば生まれてから全てのかかる病気が分かる、と言われてきました。まぁあまりにもSFチックですし、実際SFとしてしか扱われていませんでした。

 でも細かい遺伝子が解明されていくにつれて、病気となる可能性は変動するようになりました。遺伝子がある、ない、で病気になりやすくなったり、その進行度が変わったりすることが明らかになりました。

 今回のニュースも、乳がんの発生、ではなく、乳がんの「悪性化」についての遺伝子を発見したというものです。転移を抑制するなど、臨床応用も効くようになりそうですね。

関連
医学処:乳がんの約1%は男性にできますし、女性よりも生存率が悪いです
医学処:若年性乳がんを見つけるためにも、すぐに病院へ


広告
posted by さじ at 03:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。