2008年03月07日

憂さ晴らしに酒を飲んでも、嫌な記憶が強化されるだけ。

酒は憂さ晴らしに逆効果?・東大がラット実験、嫌な記憶強化

 嫌なことを思い出した直後にアルコールを摂取すると、かえってその記憶が強められることを松木則夫東京大教授(薬理学)らがラットの実験で見つけ、28日までに米専門誌の電子版に発表した。

 人の場合なら、嫌なことを忘れようと酒を飲んで一時的に楽しくなっても、翌日には楽しいことを忘れ、嫌な記憶が強く残ることを示しているという。松木教授は「酒を飲まずに、嫌な記憶に楽しい記憶を上書きしてしまうのが良いのでは」と“しらふの気分転換”を勧めている。

 実験で、かごに入れたラットに電気ショックを与え、恐怖を学習させると、かごに入れただけで、身をすくめて固まるようになる。チームはいったん固まった直後のラットに飲酒相当のアルコールを注射した。

 その結果、注射しないラットと比べると、かごの中で固まり続ける時間が長くなった。その効果は2週間続き、記憶が強くなったと判断されたという。

 アルコールは記憶力を低下させるが、それは覚える段階だけで、いったん覚えたものを思い出して記憶に固定していく段階では、逆に記憶を強める効果があるらしい



 なるほど!

 覚える段階の、近時記憶は低下するため、酒を飲むと記憶力が悪くなる、と言われていますが、既に記憶してしまったことを忘れることは出来ず、逆に強まってしまう、ということですね。

 恐ろしい・・・酒の裏の効果を知ってしまいました・・・。

 これでもう「ヤケ酒」のようなことは出来なくなりますね、、、ってそれはまた別の意味で酒を呑むのか。

関連
医学処:オメガ3脂肪酸の摂取が不足している人は、飲酒量が多い。
医学処:タバコを吸うとストレスが解消されるというのは大間違い


広告
posted by さじ at 06:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。