2008年03月04日

軽度の鬱病患者には抗うつ剤は不要とする結果に。

軽度・中度のうつ病患者に抗うつ剤は不要、英研究結果

 全世界で数千万人が服用するプロザック(Prozac)をはじめとする抗うつ剤が多くの場合、偽薬程度の効能しかもたらさないことを英国の研究チームが明らかにした。

 米研究家グループ「Public Library of Science(PLoS)」発行の医学誌「PLoS Medicine」に26日、研究成果が掲載された。

 英国北東部、ハル大学(University of Hull)のアーヴィング・キルシュ(Irving Kirsch)教授率いる研究チームは、米国の情報公開法に基づいて公開された47の治験データを分析。分析結果を利用し、軽度から中度のうつ症状を呈する患者に抗うつ剤を処方すべきかどうかに焦点を当てて研究を進めた。

 その結果、「偽薬を飲んだ患者と本物の抗うつ剤を飲んだ患者で、症状の改善度に大きな違いはみられなかった。つまりうつ病患者に化学治療は必要ないということだ。研究結果から、その他の治療法で効果が得られなかった場合を除き、軽度から中度のうつ病患者に抗うつ剤を処方する理由はほとんどないと考えられる」とキルシュ教授は結論づけている。

 よりよい精神衛生を目指す慈善団体「マインド(Mind)」のアリソン・コブ(Alison Cobb)氏はキルシュ教授らの発見について、抗うつ剤投与という現代主流の治療法に「真っ向から意義を唱えるもの」と歓迎した。

 コブ氏は「たしかに抗うつ剤でよくなる患者もたくさんいます。でもすべての患者に効くわけでは決してありません。中には、ひどい副作用に苦しむ人もいるのです」と指摘。さらに、「英国では一般開業医の10人に9人が、やむを得ず抗うつ剤を処方しています。軽度から中度のうつ病には、まずは認知行動療法のようないわゆる対話型の治療法を行うべきなのですが、彼らにはその種の治療を適切に実施することができないのです」と厳しい現状を明かした。

 一方、抗うつ剤「セロクサット(Seroxat)」の製造元であるグラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline)の広報担当はキルシュ教授らの研究について、抗うつ剤投与による「極めて望ましい効能」を無視していると反論。「(研究結果は)実際の臨床治療の結果と食い違っている」として、慎重な対応を求めた。



 鬱にも個人差がありますからね。大うつ病エピソードとよばれる症状群にどれだけ当てはまっているのかというのもありますし。

 何より、鬱と真摯に向き合って治療をしようとする医師がどれだけいるのでしょうか。精神科医になって開業して、ホイホイと抗うつ薬だけ出している医師って結構いると思います。患者さんの不満も結構聞こえてきますしね。

 本当なら対話すること、または分析することも必要なんでしょう。抗うつ剤が効かないとはいいませんが、抗うつ剤の過剰投与となりうる症例も数多くあるように思います。それこそ名医を見つけるまでが大変だとは思いますが…。

関連
医学処:うつ病の治療に、磁気の刺激を用いると症状が改善する
医学処:厚労省曰く、抗うつ薬「パキシル」使用後に自殺と自殺未遂が増えている
医学処:うつ病治療薬LuAA21004の第3相臨床試験を開始


広告
posted by さじ at 23:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
記載記事通りです。自分のわがままを一番聞いてくれるのは自分の身体!これは私の言葉でない今日友人からメールが届いたの、自らの言葉に一番相応しい表現は、私の無意識なる経験はすでに進行して止まる事なく自発的に及んだ形式的な事成りに及び、自らの反対に関係する規定の観察だった。しかし医学的には一日の一番苦手な辛い時間にはお薬で補助する事は大切です私を自らで守って行く補助的価値に並びます。最後に勉強して治す司法試験より優しいなら私に出来ると信じた、自分自信の身体を心を治す学問を私は
Posted by みか at 2010年11月20日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。