2008年03月04日

たった一人の、老年病専門医。

イラン たった1人の老年病専門医

 テヘラン市内にある診療所で、イラン初の老年病専門医として知られるフーシャング・ベイザイさん(76)を取材した。この日は祝日だったが、取材中も老医師の携帯電話が鳴る。患者の家族から電話がかかってくるのだ。

 「心配いりませんよ。症状がひどくなるようなら、薬を飲ませてください」とベイザイさん。電話を切ると、「高齢者の面倒を見るのが大好きなのです」と、優しい笑みを浮かべた。

 祖父と兄が医師という家庭に生まれ、母の強い勧めで医師の道へ。当初の専門は内科だったが、1970年に渡英し、老年病学に出会った。当時、イランに老年病の専門医はおらず、新しい分野を専門とすることにひかれたという。

 イランは、人口約7000万人の約6割を30歳以下が占める「若い国」。だが、高齢化は確実に進み、10年後には60歳以上人口が1000万人の大台に乗るとされる。大都市では、高齢者の世話を家族がする伝統にかげりがみえる。

 ベイザイさんは帰国後、診察にあたる一方で、ラジオにも積極的に出演。高齢者向け専門医療の必要性を訴えてきた。おかげで、老年病学の講義を行う医学部が増え、保健省に専門部局ができるなど効果は出ている。

 食事に細心の注意を払うなど体調管理に余念がなく、「引退なんて考えたこともない」。医療への情熱は、老いてなお燃えさかっている



 んー、カッコイイです。

 高齢者の社会になる前の段階から、高齢者が増加することを見越して、老年医療の必要性を説いているあたり、賢すぎます。

 日本はというと、結局高齢化の波に飲まれてしまったような感じですね。老年医療は日本でも発達してきましたが、あまりその媒体が育たなかったような気もします。最近になってようやく生活習慣病の予防に力を注ぐようになってきたといいますか。

 どこの科の医師も、この方のように、最後まで医学への情熱を捨てることなく、一生を終えたいものですね。それこそが医師としての最上の幸せかもしれません。

関連:医学処介護ニュース一覧


広告
posted by さじ at 05:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。