2008年03月04日

心の病を研究してきたアメリカのベノア医師が初来日

ホリスティック・ヒーリング・リサーチの設立者である米国医師ベノアが初来日

 厚生労働省から推進されている「健康日本21」は2008年4月からとなりますが、これはメタボリックなどの生活習慣病だけではなく「心の健康」にも関連しています。現在の日本で「心の病」に罹患している人口は1996年にくらべ2倍以上に増加しています。また民間のみならず、中央省庁や地方自治体の精神疾患患者も増加傾向にあります。年間の自殺者が3万人を超える現代病とも言われています。

 欧米において、この「心の病」を中心に25年以上にわたり治療に携わってきた米国医師でもあり、精神科心理療法士であるDr. Benorが初来日しセミナーおよびワークショップを開催します。

 セミナーでの聞き手役として、変形性膝関節症の名医である、慶應大学整形外科 准教授の松本秀男先生にもご公演いただきます。松本先生も長年にわたり医学に携わられてきましたが、精神的なものが障害となりスポーツができなくなったりする患者さんが多いと感じられ、メンタルヘルスに興味を抱き今回ご賛同いただけることに至りました。セミナーではデモンストレーションとして実際にココロまたはカラダに痛みがある方に壇上に上がって頂き、Benor医師の治療を受けるといったことも予定しております。

 最後には、ピアニストとしても有名な林晶彦氏による癒しのピアノ演奏も行い、参加者をココロから癒します。

ココロもカラダも癒したい、癒されたいあなたに
〜Dr. Benorの自己治癒力を高めるホリスティック・メンタルヘルス・メソッド

日 時:2008年3月22日(日) 14:00〜16:30
会 場:東京建物八重洲ホール(東京都中央区八重洲1-9-8)
定 員:100名(先着順)
申 込:氏名・電話番号・職業・年齢をご記入の上メール(info@whr-j.com)でお願いします。
参加費:2,000円(同時通訳機器使用代)

 一人でも多くの「心の病」をもった方々に参加して頂きたく思います。

 Dr. Benorへのインタビューなどのお申し込みも随時受け付けます。滞在日程は3月21日から25日となっております。その間でしたら直接(同時通訳付き)インタビューをしていただけます。

 翌日23日のワークショップでは、「1.お子様のためのプログラム」「2.自己治癒力を高めたい方のプログラム」「3.医療従事者向けのプログラム」を行います。ADHD,プチうつ、PTSDなどの問題を抱えている方のプログラムとなります。



 これは面白そう。

 一般の方大歓迎ということですので、気になる方はいってみられては?こういう医療系の講演会って、結構一般の方も来られるんですよね。テレビや本では教えてくれないプロフェッショナルの話を聴く良い機会だと思うので、是非どうぞ。


広告
posted by さじ at 05:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。