2008年03月03日

過労自殺した小児科医の長女が、小児科医を目指す

過労自殺の父と同じ小児科医へ、娘の歩みが漫画に

 1999年に過労自殺した小児科医の長女が、同じ小児科医への道を歩み始めるまでをつづった漫画が、3日発売の雑誌「BE・LOVE」増刊号(講談社)に掲載される。モデルになった女性医師は、「私を通じて、父のような医師がいたことを1人でも多く知ってもらいたい」と話している。

 主人公は神奈川県横須賀市の医師、千葉智子さん(26)。現在は同市内の病院で初期臨床研修中だ。



 結構興味あります、これ。

 小児科医の過労自殺問題と、どう絡めていくのか。父の達成できなかったことを受け継いでその道を進んでいこうとしたのでしょうか。動機の部分が気になります。

関連
医学処:科学雑誌「CELL」の表紙に、荒木飛呂彦さん
医学処:小児脳神経外科医のことを描いた漫画「義男の空」
医学処:東大病院監修医療漫画「最上の命医」
広告
posted by さじ at 03:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック