2008年02月25日

オバマ氏、国民皆保険制度をバッシングする。

「恥を知れ、オバマ!」クリントン氏が批判冊子に激怒

 米大統領選の民主党候補指名争いで劣勢のヒラリー・クリントン上院議員(60)が23日、遊説先のオハイオ州シンシナティの集会で、優位に立つバラク・オバマ上院議員(46)陣営が配布したクリントン氏批判の冊子の内容に激怒し、「恥を知れ、バラク・オバマ!」とオバマ氏を呼び捨てで 罵倒した。

 冊子はクリントン氏が力を入れる国民皆保険計画について、「国民に強制的に保険を購入させる内容」と断じるもの。クリントン氏は右手で冊子をわしづかみにしながら、「ニセの情報だ」と反発。予備選・党員集会で9連勝して勢いに乗るオバマ氏に対し、「演説や大集会もいいが、(共和党のブッシュ大統領の参謀だった)カール・ローブのような戦術を使うなんて」と、怒りをあらわにした。

 クリントン氏は21日のテキサス州での討論会では、「オバマ氏と(選挙戦に)いられて光栄」とエールを送る場面もあったが、3月4日のテキサス、オハイオなど4州予備選での挽回に向けた好材料は乏しく、なりふり構わない攻撃に転じた形だ。同じオハイオ州内で遊説していたオバマ氏は、クリントン氏の批判について、「(冊子に)事実関係の誤りはない」と切り捨てた。



 国民に強制的に加入させる保険・・・

 まぁ確かに国民皆保険制度はそうなんですけど・・・。

 先日ちょっと病院の専門科にかかったんですが、15分ぐらい色々説明してもらって、とりあえず半年後にもう一度検査しましょう、という具合に落ち着いたんですが、それで210円でした。爆安です。

 アメリカじゃそういうこともないんだろうなぁと。まぁアメリカの医療は国全体のレベルでみたら「終わってる」段階ですからね。日本は世界一住みやすい国ですけど、世間の反医師展開で、アメリカのように崩壊しかけているので注意が必要です。

関連
医学処:米国の医療保険に大きな穴があり加入者は悲鳴
医学処:マイケルムーア監督が映画「シッコ」で米国医療制度を切り捨てる
医学処:マイケルムーア監督作品「SiCKO」レビュー


広告
posted by さじ at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。