2008年02月22日

糖尿病やがんに効果があると謳った健康食品の嘘

健康食品「糖尿・がん治る」 販売会社社長らを逮捕

 糖尿病やがんに効能があるようにうたって健康食品を販売したとして、警視庁は20日、東京都江戸川区南葛西の健康食品販売会社「東洋食品興業」の社長亀山祥之容疑者(71)=千葉市花見川区こてはし台2丁目=と元役員の女(66)を薬事法違反(医薬品の無許可販売)容疑で逮捕した。両容疑者は「医薬品としては販売していない」と容疑を否認しているという

 生活環境課などの調べでは、2人はクワ、ウメ、シソが原料の錠剤と粒状の健康食品に「健祥桑梅品」と名付け、医薬品販売業の許可を受けずに05年3月〜07年9月、96回にわたり9人に計135個を販売した疑い。

 亀山容疑者は「薬では治らなかった糖尿病が治る」と著書などでうたい、1箱210グラムを1万2600円で販売。同社は「様々な生活習慣病の改善効果、がんや脳梗塞の予防などに期待されるとして特許が認められた」と主張。亀山容疑者は特許を02年に取得しているが、対象は効能ではなく健康食品の製法という。

 警視庁の鑑定の結果、効能はなかった。健康被害は報告されていない。

 亀山容疑者は「特許取得 薬では治らなかった糖尿病が治った!」との題名の本を出版。歌手やタレントを招いたラジオのトーク番組の司会もしていた。



 健康食品の怖いところは、経験に基づいていないということです。西洋医学は効果が認められなければならず、漢方薬は大規模な経験と膨大な年数があるので根拠はあるとされていますが、健康食品や民間薬は「多分効く」「効く気がする」という程度のものです。

 まぁ、効果が本当にあったら医療現場でも使われてますって。

関連
医学処:健康食品を食べて呼吸器障害を呈したとして7600万の賠償
医学処:腰痛、うつ病、パーキンソン病が治る携帯音楽プレイヤー(笑)
医学処:「キクイモ+桑の葉」を血糖値が下がるとして売った社長を逮捕


広告
posted by さじ at 04:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。