2008年02月18日

筑波メディカルセンター病院で心臓の裏にガーゼを忘れる事故

心臓の裏にガーゼ9年 つくばの病院

 茨城県つくば市の「筑波メディカルセンター病院」(石川詔雄院長)で平成4年に行われた心臓手術の際、医師が患者の体内にガーゼを置き忘れ、約9年後の再手術で取り出していたことが8日、分かった。患者は再手術から約3年後、心不全で死亡。病院はガーゼと死因に因果関係があった可能性を認めている。

 病院によると、手術を受けたのは同県内の当時73歳の女性。心筋梗塞や狭心症のため、4年6月に心臓の冠動脈バイパス手術を受けた。手術後、女性は入退院を繰り返したが症状が悪化し、13年2月に再手術。その際、心臓の裏から約30センチ四方のガーゼが折りたたんだ状態で見つかった。女性は16年1月に心不全で死亡した。

 石川院長は「ガーゼが体内にあったことで心臓を圧迫した可能性はあるが、どの程度影響があったかは分からない」と話している。



 筑波メディカルセンター病院というネーミングに凄く違和感を感じてしまいます

 調べてみたところ、筑波メディカルセンターの中の病院なのですね。別に病院があっても筑波メディカルセンターで良いんじゃないか、と…。


広告
posted by さじ at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 循環
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。