2008年02月02日

いちごミルク大福を「いちご大福」として販売

成分表示せず販売 3歳男児、アレルギーでショック症状

 いちごミルク大福を「いちご大福」として販売したため、乳製品にアレルギーを持つ3歳の男児がアレルギーによるショック症状を起こしたとして、仙台市は23日、同市若林区の和菓子店「御菓子処モリヤ」(森谷幸男社長)に対し、この商品の適正表示が確認できるまで同商品を製造禁止とする処分をした。

 市によると、同社は19日、製造した練乳入りのいちごミルク大福成分表示シールが不足したため、3個をいちごのシールだけを張って販売した

 男児の母親が、乳成分の有無を従業員に確認。「入っていない」という回答を聞いて買い求めた。男児に食べさせたところ、翌日、呼吸困難や激しいせきなどのショック症状を起こして入院したという。



 こういう食物アレルギー系の事故は怖いですねぇ。大抵、人為的なミスによるものですし。

 アレルギーの子供も増えてきてますし、「こんなもののアレルギーなの!?」ってぐらいメジャーな食物に対するアレルギーも出てきています。親御さんからすれば心配で仕方ないわけですが、そういう子供もいるんだということを認識した上で、第三者である大人は食に接してほしいと思います。

関連
医学処:アレルギー体質の子供向け、お寿司ケーキを作成。
医学処:隠し味として表示していなかった落花生によるアレルギーが発生
医学処:そば粉90%を100%と誤表示した蕎麦を食べ小麦粉アレルギーに


広告
posted by さじ at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。