2008年01月15日

Duchenne型筋ジストロフィーの進行を止める薬の候補を開発

筋肉弱る難病、薬の候補開発・大阪バイオ研など

 大阪バイオサイエンス研究所、国立精神・神経センター、アロカなどは、筋肉が弱る難病「デュシェンヌ型筋ジストロフィー」の進行を止める薬の候補物質を開発した。動物実験では筋肉の壊死を抑えられた。飲むタイプのため、実用化できれば患者の体への負担も少ない。

 デュシェンヌ型筋ジストロフィーは全身の筋肉が少しずつ壊死によって失われ、次第に歩行や呼吸が困難になる遺伝性の難病。男性に患者が多く、約4000人に1人の割合で発症するが、現状では筋肉を鍛えるリハビリが治療の中心という

 大阪バイオサイエンス研などは、壊死した筋肉の周囲で炎症にかかわる酵素「HPGDS」がたまることに着目した。この酵素の働きを抑える物質を合成して、筋ジストロフィーを発症するイヌに飲ませた。



 デュシャンヌ型筋ジストロフィーについては以下のリンクをご覧下さい。

 Duchenne型筋ジストロフィーに対して着床前診断が行われる

 治療不可能の難病でしたが、とうとう治療法が生まれるかもしれません。治すことが出来るというより、進行を止めることが出来る薬のようですが…、いやいや、進行を止めるだけでも大きなメリットがあります。命が助かるんですからね…。

関連
医学処:月経血から、筋肉細胞を取り出して筋ジストロフィーの治療に
医学処:筋ジストロフィーの患者の38%が、着床前診断に賛成している。
医学処:筋ジストロフィーの進行を、バイアグラで抑える。


広告
posted by さじ at 05:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。