2008年01月05日

コンブの仮根で服用者の76%が発毛促進する

コンブ仮根に発毛促進効果 半年服用で76%が抜け毛・白髪減

 植物の根に似た役割を果たすコンブの「仮根」に、抜け毛を減らしたり、発毛を促す効果のあることが網走市の東京農業大学生物産業学部(東農大網走)などのグループの研究で分かった。仮根に含まれる豊富なミネラルなどが発毛を促している可能性があり、研究グループは有効成分を特定し、発毛剤の開発に乗り出したい考えだ。

 仮根は、海底の岩場に張り付いて、マコンブなどのコンブの本体を支える器官で、カニの足に似ていることから「ガニアシ」とも呼ばれる。固くて食用には向かず、従来は廃棄されていた。

 仮根にはコンブ本体の二・五−四倍のカリウムや三−四倍のカルシウムに加え、抗がん作用があるとされるぬめり成分・フコイダンも含まれていることから、カイゲンは二○○一年から仮根を乾燥粉末にし、健康食品として販売していた。

 ところが○六年、これを服用していた人から「頭髪が生えた」「白髪が黒くなった」などの事例が報告された。カイゲンの志多伯良博・食品事業部長代理は「思わぬ事例に驚いた」としている。

 グループは○六年十月から、抜け毛や白髪を気にしている三十−七十歳代の男女百十一人に、仮根の粉末一グラムを毎日服用してもらった。この結果、一カ月で効果が出始め、六カ月間服用を継続した百七人のうち76%の八十一人に、発毛促進や抜け毛・白髪の減少などの効果が確認された。

 西沢教授は「仮根のどの成分が作用しているのか、まだ不明だ。豊富なミネラルなどで新陳代謝が高まり、末梢血管の血行が改善されるなどして、髪が生えるのかもしれない」と話し、さらに研究を続けている。



 何だかよく分からないみたいですが、とりあえずコンブ万歳ということです。

 ミネラルなどは確かに大事でしょうけれど、何らかの物質によってホルモンに変化でも出たんではないですかね。76%って結構な数値だと思いますし。海産物はやっぱり効くのかなぁ。

関連
医学処:ハゲには内服薬が効く!カミの薬「プロペシア」
医学処:カプサイシンとイソフラボンを同時に摂ると毛髪の成長が促進
医学処:日本の薄毛率26.5%、推定薄毛人口1293万人で、アジアトップに君臨。


広告
posted by さじ at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。