2008年01月03日

百歳の小児科医、吉井三郎院長のモチベーション

<100歳小児科医>意気盛ん「患者いる限り診療続ける」

 鹿児島県曽於市にある吉井診療所の吉井三郎院長はこの元日で100歳を迎えた。1946年に開業以来、地域医療を担ってきた現役小児科医だ。昨年10月に心筋梗塞で倒れたが、回復。療養のため一時休診しているが、吉井さんは「ぼくを頼りにして来てくれる患者がいる限り、診療は続ける」と意気盛んだ。

 吉井さんは、洋画家で、文化勲章受章者の故吉井淳二画伯の4歳下の実弟で、1908(明治41)年1月1日生まれ。父親の勧めで医師を目指し、38年に慈恵医大(東京)を卒業。民間病院や陸軍軍医を経て、現在地に内科・小児科医院を開業した。かかりつけの患者は親子3代にわたるという。

 近くに住む長女の川野久美子さん(68)によると、10月に入院して以来、車椅子が離せなくなった。だが、診療所再開への気力は衰えないという。

 吉井さんは「くよくよせず、体にいいものを食べることが長生きの秘訣」と話す。小児科医になった理由を「子どもが好きだから」と明快に答える一方「今の小児科医不足は心配です」とも。

 ひ孫の康広君(小5)は「優しくて大好き。ひいおじいちゃんのそばにいると落ち着く」。吉井さんの笑顔は、100歳になっても子供を包み込む優しさにあふれている。



 年をとってもこのぐらい元気溢れる人でありたいものです。小児科という忙しい科においても生涯現役を貫く姿勢はなかなかできるものではありません。自分の「やりがい」を「生きがい」にして子供たちに接しているからこそ出来ることなのでしょう。

関連:医学処 世界最高齢の人物に、福岡県福智町の皆川ヨ子(よね)さん(114)


広告
posted by さじ at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。