2007年12月29日

チンパンジーには閉経がない。

閉経は進化の過程で獲得したヒト特有のもの

 メスのチンパンジーには、ヒトとほぼ同じ年齢から生殖能力が衰える傾向はあるものの、ヒトと同じような閉経は認められないことがわかった。

 研究を行った米ハーバード大学(ボストン)のMelissa Emery Thompson氏によると、特に健康な個体に着目した場合、40歳代ではヒトよりもチンパンジーの方が高い生殖能力をもつようだという。野生のチンパンジーでわかっている範囲での最高齢での出産例は推定55歳で、この個体が63歳で死亡する直前にも生殖周期の再開が認められている。

 研究チームは、野生のメスのチンパンジーを対象に出産率データを分析。その結果、ヒトと同じようにチンパンジーも40歳以降で出産率が低下することが判明し、ヒトの「出産可能年齢」という生物学的時計が進化の過程である程度維持されてきたことが示された。しかし、チンパンジーの生殖能力は、閉経があるヒトとは異なり、寿命に近づくにつれて下降傾向を示すだけで、健康なメスでは、高齢になっても高い出産率を維持している



 なんか不思議ですね。チンパンジーと人で比べれば、人のほうが出生後の生存率が高いから、わざわざ高齢であっても出産という高リスクなことをしないように、閉経という進化を遂げた、ということでしょうか。

 確かに進化、なんでしょうけれど・・・。閉経によってホルモンバランスがおかしくなって、苦しむ人も大勢いるわけですからね。身体と心の利害が一致していないという感じでしょうか。

関連
医学処:骨粗鬆症と女性ホルモンの因果関係を初めて解明する。
医学処:中高年の女性にかなりメジャーな疾患「骨盤臓器脱」にご注意を。
医学処:閉経後の卵子提供により出産した高齢者の8割が、重い合併症を呈する。


広告
posted by さじ at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。