2007年12月21日

緑茶を沢山飲む人は、前立腺がんの危険性が半分になる。

進行性前立腺がん、緑茶が防止…厚労省研究班調査

 緑茶をよく飲む男性ほど、進行性の前立腺がんになる危険性が下がることが19日、厚生労働省の研究班(班長=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の大規模調査でわかった。

 1日5杯以上飲む人は、ほとんど飲まない人に比べ、危険性は約半分だった

 研究班は、40〜69歳の男性約5万人を対象に、1990年代初めから10年以上にわたって追跡調査。404人が前立腺がんを発症した。うち114人は、前立腺以外にもがんが広がっている進行性がん、271人が前立腺にがんがとどまっているタイプと診断され、19人は不明だった。こうした患者の食生活を調べたところ、緑茶を1日5杯以上飲む習慣がある人は、1日1杯未満の人に比べて、前立腺がんになる確率自体は変わらなかったものの、進行性のがんに発展する危険性は52%に減った。

 動物実験などで、緑茶の成分のカテキンは、がん細胞の増殖や、前立腺がんの危険性を高める男性ホルモンのレベルを抑えることが分かっている。



 前立腺がんは近年のトピックですから、この緑茶の成分に着目した商品も出てくるのではないでしょうか。

 男性にとってはかなり深刻な病気ですからね。今までは胃癌や肺癌の影に隠れている感じはありましたが、今後の何十年かで大きく存在感が強くなるのではないでしょうか。

関連
医学処:毎日5杯以上緑茶を飲むと、脳梗塞の予防に。
医学処:1日に5杯以上の緑茶を飲むと脳梗塞の死亡リスクが激減する
医学処:お茶を飲んで心臓病や前立腺がんを予防しよう


広告
posted by さじ at 05:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。