2007年12月21日

日本医大病院の訴訟、2審も大学側の責任を認めず

日医大病院訴訟 大学側の責任2審も認めず

 日本医科大付属病院(東京都文京区)で手術を受けた後に急死した女性(当時20歳)の両親が、「脳に手術用のワイヤが刺さったのが死亡の原因」などとして同大学に1億600万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が19日、東京高裁であった。

 小林克已裁判長は大学側の責任を認めなかった1審・東京地裁判決を支持し、両親の控訴を棄却した。両親は上告する方針。

 判決によると、女性は1997年に川に転落し、同病院で、折れたあごの骨をつなぐ手術を受けた後に敗血症を発症し、多臓器不全で死亡した



 医療裁判ってこういうところが難しいんですよね。

 何故死んだのか、を考えて、病理学的、法医学的に色々な角度から分析して、「死因」を探る。

 更にもしそれが解明されたとしても、それを裁判官に納得させなければいけないわけです。

 医療従事者ならば「こりゃ無罪だろう」と誰もが思うような事例であっても、ポンと有罪になってしまったりしますからね。司法というのはよくわからんものです。

関連
医学処:顔面の形成手術で聖マリアンナ医科大学を相手に訴訟
医学処:肝炎から肝硬変になったのに癌検診を怠った医師。賠償は5100万円


広告
posted by さじ at 05:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。