2007年12月17日

満員電車のストレスは、ミントガムを5分以上噛むことで解消

満員電車 ガムかんでストレス減

 満員電車で5分間以上ミントガムをかむと、精神的ストレスの指標となるホルモンの量が63%減少することが、杏林大の古賀稔彦教授と、食品会社のキャドバリー・ジャパンの共同実験でわかった。

 満員電車でストレスを感じやすい人ほど低減効果が高いという。

 実験は、20歳代の男女32人を対象に、午前9時過ぎ、乗車率約200%(肩が触れあい週刊誌がかろうじて読める程度)のJR東海道線(横浜〜品川間、17分間)を利用して行われた。32人を中間の川崎駅を過ぎた後に〈1〉5分間ミントガムをかむ〈2〉1分間同〈3〉5分間ミントなしのガムをかむ〈4〉何もかまない――の4群に分け、唾液中に含まれるストレスホルモン「クロモグラニンA」の量を調べた。クロモグラニンAは、体が緊張状態になる交感神経を刺激する作用がある。

 その結果、ストレスのピークに比べ、最もストレスが低減したのが、5分間ミントガムをかんだグループ。次に5分間ミントの入ってないガム(51%減)、1分間のミントガム(26%減)の順。何もしないグループはストレスに変化はなかった。

 古賀教授は「通勤のストレスなどによる心身の疲労の蓄積が、うつ病につながることがあるので、ストレスの発散で疲労予防ができる」と話している。



 満員電車には昔から乗りなれているので、さほどストレスを感じたりするわけではありません。しかし、雨の日など、湿度が高いときは非常に不快です。全員降りろと言いたくなるぐらいに。

 そんな私も、ミントガムを噛めばストレス解消になるそうです。クロモグラニンAというのは初めて聞きましたが。ミントそのものでも効果ありそうですし、咀嚼することでストレスが解消されるのはよく知られた話です。

 ルーチンワークだからこそ、ちょっとした工夫で、ストレスを解消していきましょう。

  /l、
 (゚、 。 7   
  l、~ ヽ      
  じし' )ノ 

関連
医学処:夫の手を握ると、即座にストレスは解消される。
医学処:いじめを受けると心だけでなく脳内の扁桃核にも傷が生じる
医学処:中越沖地震のストレスで「たこつぼ心筋症」を発症か。


広告
posted by さじ at 06:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。