2007年12月13日

赤ちゃんポストに新たに新生児が3人預けられる

赤ちゃんポストに新たに新生児3人

 親が養育できない新生児を匿名で預かる慈恵病院(熊本市)の「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)に、新たに3人が預けられたことがわかった

 5月10日の運用開始以降の約7か月間で受け入れたのは計11人になった。関係者によると、3人はいずれも新生児で、男児2人、女児1人。いずれも健康状態は良好という。3人はここ約1か月間で預けられたとみられる。



 3人とも新生児ということで、非常に良い徴候ですね。

 未だに赤ちゃんポストが捨て子を助長するとか、見当違いなこと言ってる人っているんですかね?ちょっと考えればわかりそうなものですが。社会に必要だから存在しているわけです。もし赤ちゃんポストがなかったら、この新生児3人は一体どうなっていたんでしょうね

関連
医学処:こうのとりのゆりかご、初の親引き取りが行われる。
医学処:こうのとりのゆりかご、運用開始から7人が預けられる


広告
posted by さじ at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。