2007年12月13日

タミフル服用後20分で、0.15%が脳に移動することが判明

タミフル服用後、脳に0・15%到達…放医研

 放射線医学総合研究所(千葉市)は11日、インフルエンザ治療薬「タミフル」が体内に吸収された後、脳などにどのように移動するかを連続的に観察できる方法を開発したと発表した。

 タミフルの生体内の動きを追跡できたのは世界で初めて。実験にはラットを使った。タミフルを服用した若者や幼児の異常行動が報告されている。人間に応用できれば、因果関係の有無を解明する有力な手段になると期待される。

 放医研は、タミフルの分子に放射性物質を付けた薬剤を開発。この薬剤をラット5匹に与え、陽電子放射断層撮影(PET)装置で観察したところ、体内のタミフルの動きをとらえることができた。脳には、20分後に投与量の0・15%が入りこむこともわかった。従来は、大量のタミフルを与えたラットを解剖して調べていた。PETは感度が高く、通常の服用量で生きたまま調べられるため、正確な分析ができるという。



 実際0.15%で影響を及ぼすのかはわかりませんが、少なくとも血液脳関門を超えて脳に届くことは判明したようです。毎年流行する感染症でありながら、異常行動というショッキングな症状を呈するため、早急に原因解明されることを願っております。

  /l、
 (゚、 。 7   
  l、~ ヽ      
  じし' )ノ 

関連
医学処:タミフルの睡眠試験で、因果関係は認められず
医学処:タミフルだけでなくリレンザでも異常行動が認められる
医学処:近年流行のなかったAソ連型インフルエンザが広まる


広告
posted by さじ at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。