2007年12月12日

来年解散するSyrup16gの曲タイトルと医学の関連について

Syrup16g、来年3月1日の日本武道館公演を最後に解散

 先日、東名阪ツアーを大成功させたSyrup16g。来年1月30日にはニュー・アルバムの発売も決定し、いよいよ活発な展開を予感させていた彼らが突然〈解散〉を宣言した。来年3月1日に行われる日本武道館公演が、Syrup16gにとってのラスト・ステージとなる。発売予定のフル・アルバムは今なお製作進行中とのことだ。
 
 詳細な解散理由は今のところ発表されていないものの、先日終了したツアーのタイトルは〈END ROLL〉。それだけに彼らの解散はあらかじめ予定されていたものなのかもしれない。今後、彼らが咲かせる一花は、これまで以上に盛大なものとなるのは必至。



 えー、私自身一度も聴いたことのない彼らについての記事を何故取り上げるのかとお思いでしょうが、彼らはとある理由により一部で有名なバンドなのです。

 理由とは何なのか?Syrup16gの曲のタイトルだけ挙げてみます。

・ローラーメット
・空をなくす
・デイパス


 正解はこちら↓


・ローラーメット →ロラメット:ベンゾジアゼピン系催眠鎮痛剤

・空をなくす →ソラナックス:ベンゾジアゼピン系マイナートランキライザー

・デイパス →デパス:チエノジアゼピン系精神安定剤


 というわけで、タイトルは鬱病等で使われる精神科領域の薬のもじりだったんですね。その所為というわけではないんでしょうけれど、私の知り合いのうつ病の人はSyrup16gが大好きです。

 しかし実際どういう意図でこういったタイトルをつけたんでしょうね。ただの言葉遊びで安定剤の名前なんて付けますかね?曲ってメロディも歌詞もタイトルも全て大事じゃないですか。ただのもじりというよりは何かこう、自分で吐き出したい意味があって付けたように思えるんですよね。根拠はありませんが。


広告
posted by さじ at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。