2007年12月11日

男性ホルモンの減少が生活習慣病や鬱病のリスクを高める

男性ホルモン減少、メタボや鬱の危険 EDが指標に

 これまで男らしさの象徴のように考えられてきた男性ホルモンだが、最近の研究で、男性ホルモンの減少が生活習慣病や鬱病のリスクを高めることが明らかになってきた。また、男性ホルモンはストレスで減少することも分かってきた。高齢男性の健康のカギを握るとして、世界中で男性ホルモンの研究に注目が集まっている。

 男性ホルモンは、男性を男性特有の体つきや思考回路に発育させるホルモン。たとえば、筋肉隆々の体つきや、地図を読むなど2次元を3次元に置き換える能力に男性ホルモンが関係していることはよく知られている。テストステロンやアンドロステネジオンなど数種類あるが、テストステロンが最も生理活性が強いとされる。

 以前から男性ホルモンについての研究はあったが、男性の健康維持と深いかかわりがあるとわかってきたのは最近のことだ。帝京大医学部附属病院の堀江重郎教授(泌尿器科)によると、男性ホルモンの減少は、50歳代の1割、60〜70歳代の3割にみられるという。「ただし、画家のピカソが67歳で子供をもうけたように、60代や70代でも20代より男性ホルモンが多い人もいる。個人差が大きいために、これまで研究対象になりにくかった」と話す。

 この10年ほどで男性にも更年期があることはよく知られるようになった。男性更年期障害は、疲労感が取れない、やる気がおきない、筋肉痛が続く、寝付きが悪いなどの症状がみられるが、こうした症状に男性ホルモンの減少がかかわっていることが分かっている。とくに男性更年期障害患者の9割にED(勃起障害)があることからも、男性ホルモンがかかわっていると考えられている。

 さらに男性ホルモンは、高血圧や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病と密接な関係があることがわかってきた。

 たとえば、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は男性に多い。男性の方が内臓脂肪がつきやすいためだが、若い男性で腹が出ている人はそう多くない。40代、50代で腹が出てくるのは、食べ過ぎや運動不足のせいだけでなく、男性ホルモンが減ることで内臓脂肪がつきやすい体になっていることが関係しているという。

 また鬱病、排尿障害、認知障害のある高齢男性を調べたところ、やはり男性ホルモンが減少していたことから、これらの機能にも関係があると考えられるという。

 鬱病については、男性ホルモンが副交感神経の働きに影響していることから、男性ホルモンの減少で、心のゆとりと密接な関係にある副交感神経の働きが低下し、鬱病になるリスクが高まるのではないかと見られている。

 また、自分の男性ホルモンが減少しているかどうかは普通は気がつかないが、堀江教授はひとつの手がかりとしてEDをあげる

 「ED患者はメタボや心血管疾患の発症率が高いことが分かっている。高血圧や糖尿病は検査しないとわからないが、EDは自覚できる。日本ではEDは『年だから』と気にしない人も多いが、将来の男性の健康の指標になる」と話す。



 女性においては、性ホルモンが月経という顕著な形で現れ、更に更年期障害としての症状など、よく知られています。同様に男性も、性ホルモンによる様々な影響が生じているわけです。

 特に 男性ホルモンは加齢とともに減少するが、ストレスによっても減少するという点に着目したいですね。ストレスは細胞を傷つけるばかりでなく、ホルモンにまで影響を与えます。そのために適度な運動、食事を心がけ、出来るだけストレスを溜めないようにリラックスする習慣をつけたほうが良いでしょう。

 若いうちはやりたい放題できますが、年を取るとどうしても衰えるものはあります。ですが心がけていさえすれば、できるだけ低下を防ぐこともまた、可能かもしれません。

関連
医学処:DHEAの血中濃度が高い男性ほど死亡率が低い
医学処:男性の汗をかいだ女性は性的興奮、心拍数増加を引き起こす
医学処:そこまで副作用の心配はないので、男性ホルモンを使用しましょう


広告
posted by さじ at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。