2007年12月09日

乳歯から幹細胞を取り出す「乳歯幹細胞研究バンク」

子どもの歯で再生医療 名大に研究拠点

 名古屋大は6日、乳歯から骨や神経など様々な細胞に分化する能力を持つ「幹細胞」を取り出し、再生医療に役立てる研究をするため、学内に「乳歯幹細胞研究バンク」を設立したと発表した。

 乳歯は同大付属病院など6病院から提供を受け、数年で1万個程度の幹細胞を収集、研究データを集めて臨床応用を目指す。同大によると、大学などの公的機関に乳歯の幹細胞バンクを設置するのは世界初

 バンクを設立したのは、医学系研究科の上田実教授らのグループ。提供された乳歯や親知らずから、幹細胞を採取して培養。超低温で保存して研究する。幹細胞を使った再生医療では、骨髄や臍帯血があるが、乳歯の幹細胞はこれらに比べて、細胞の増殖能力が高く、採取が簡単なことから、実用化に期待が集まりそうだ。

 上田教授らは子犬の歯から取り出した幹細胞で親犬のあごの骨を再生できることをすでに確認しており、近親者の再生医療に使える可能性もあるという。上田教授らは犬の実験例を重ねて研究成果を発表したうえで、厚生労働省や学内の倫理委員会の審査を経て、人の臨床実験を実施したいとしている。

 上田教授は「これまで捨てられていた歯が有効活用できるうえ、受精卵からつくられる胚性幹細胞(ES細胞)に比べ、倫理的な問題も少ない。将来的には、孫の乳歯で祖父母の骨粗しょう症による骨折や傷跡などを治療できる可能性がある」と話している。



 乳歯を屋根の上に投げる習慣も、医療の進歩とともに無くなるかも知れません。

関連
医学処:ラットの体内で幹細胞からヒト腎臓を再生することに成功
医学処:変形性股関節症の治療に使える、ひざ軟骨の人工培養に成功。
広告
posted by さじ at 15:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | 歯科
この記事へのコメント
幹細胞バンク未公開株詐欺
私は22年6月再生医療の民間臍帯血バンク株シービーシーの未公開株詐欺にあいました、
シービーシーは鶴見大学歯学部との産学協同事業で歯髄バンク事業をスタートしてました。?
シービーシーの代表とその長男は24年相次いで他界し、破綻しました。
シービーシーの未公開株販売者は逮捕されました。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/4361/1354833364/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/4361/1355870025/
暴**がらみ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/4361/1355603756/
私は新聞に載り、北陸放送18時15分のにユースにでました。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20121005101.htm
Posted by 2130 at 2013年02月11日 21:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック