2007年12月05日

暴力団が救急車から救急隊員を引きずり出して暴行する

救急車から隊員を引きずり暴行

 救急隊員の対応が遅いことに怒って、救急車から隊員を引きずり降ろし、暴行を振るった男が逮捕されました。公務執行妨害などの疑いで警視庁に逮捕されたのは、住吉会系の暴力団組員、大久保瞬次容疑者(56)です。

 大久保容疑者は今月19日、具合が悪くなった妻を病院に運ぼうと救急車を呼びました。ところが、搬送先がなかなか決まらないことに苛立ち、「俺が運転する」などと言って、救急車から救急隊員を引きずり降ろして暴行を加えた上、ほうきの柄で救急車を叩いて運転席のドアを壊した疑いが持たれています。

 大久保容疑者は救急隊員が去った後も、自分の車に乗って救急車を追いかけ、更に暴行を加えていました

 調べに対し、大久保容疑者は「救急隊員がモタモタしていたので頭にきてやった」と供述しているということです。



 物凄く迷惑な話ですね。ヤクザって仁義がどうたらとかいいますが、所詮映画の中の奇麗事なんでしょうね。ホント迷惑極まりない存在です。医療従事者に手を上げるなんて言語道断。

 自分の妻を心配する気持ちは非常にわかりますが、それとこれとは全く相反することです。

自分の車に乗って救急車を追いかけ、更に暴行を加えていました

 何がしたいんだこの人は。

関連
医学処:救急車でコンビニに立ち寄りクッキーを買った消防士を処分
医学処:胆石が痛み出した暴力団員、救急隊員を殴り逮捕
医学処:重症者が運べなくなるため、悪質な119番に罰則を与える動き


広告
posted by さじ at 01:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。