2007年12月04日

健康食品を食べて呼吸器障害を呈したとして7600万の賠償

健康食品で障害 7600万円賠償命令、名古屋地裁

 東南アジア原産のトウダイグサ科の植物アマメシバを粉末にした“健康食品”を食べ、呼吸器に障害が残ったとして、名古屋市の70代と50代の母娘が製造物責任法(PL法)などに基づき、商品の製造会社「アダプトゲン製薬」(岐阜県)などに計約1億800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、名古屋地裁の内田計一裁判長は30日、請求を一部認め、製造会社などに計約7600万円の支払いを命じた。

 賠償を命じられたのはほかに、当時の販売会社や記事で効用を説明した医学博士。雑誌の記事で商品を紹介した「主婦の友社」(東京)への請求は棄却された。

 判決などによると、母娘は雑誌の平成13年9月号の特集記事を読み、高栄養食品とうたった商品を購入。同12月までに母は計約300グラム、娘は計約400グラムを摂取した。

 2人は14年1月から体調を崩し、気管支の先端部が詰まる閉塞性細気管支炎と診断され、呼吸器機能障害が残った

 製造会社などは「発症との因果関係はない」などと反論していた。

 アマメシバは海外で健康被害の事例があり、厚生労働省は15年9月、食品衛生法に基づき、この商品などを販売禁止にした。



 健康食品の怖いところが全面に出てるかなって感じがしますね。

 よくある健康食品ってのは、栄養価を強調しつつ、実際に使った人のエピソードを出して、最後に権威ある人のコメント持ってくるじゃないですか。

 でもその栄養価というのも、怪しいものですし、実際に使った人のエピソードなんて99%嘘でしょう。そして最後の権威ある人のコメント。誰だよって人がいつも出てますけど、まぁあれですよね、肩書きとか所属してる場所とかに弱いですよね、人って。

 最後まで自己責任なのが健康食品です。今回も細気管支炎になってしまいましたが、どんな重篤な事態に陥ってもおかしくありません。自然物100%といっても、その自然物にどんな物質が入ってるか分かりませんからね。ご購入の際は、くれぐれもお気をつけ下さい。

関連
医学処:3社中2社のアガリクスは「発ガン性なし」
医学処:コエンザイムQ10の扱いに困る食品安全委員会
医学処:「アガリクスで確実にがんを消滅させる」と宣伝した出版社に罰金


広告
posted by さじ at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。