2007年11月28日

能面を使って精神状態を分析するシステムを開発

能面使ったシステム開発 筑波心理研

 筑波大の研究者らが作ったベンチャー「筑波心理科学研究所」(東京都台東区)が、能面を使って精神状態を分析するシステムを開発し、刑事事件の精神鑑定で活用されている。国民が重大な刑事裁判に参加する裁判員制度では、難解な専門用語も登場する精神鑑定の内容を、いかに分かりやすく裁判員に説明するかが大きな課題。新たなシステムに、実際に活用した検察幹部からも、期待する声が上がっている。

 研究所顧問の佐藤親次・筑波大准教授と蓑下成子・川村学園女子大准教授が、表情認知の研究を基に開発した。

 上下、左右など見る角度によって表情が変わる能面を三次元画像化し、パソコンに映す。画像の下には「幸せ」「怒り」「悲しみ」など10の感情のいずれかが示され、そう思う時は「はい」、思わなければ「いいえ」と答えてもらい、精神分析する。検査は15分程度で、回答と反応時間を10の感情ごとにチャート図にし、その形からうつ病や統合失調症の傾向が分かるという

 精神鑑定は問診や文章に答える方法が一般的で、会話の中から表情や感情の起伏を把握し、総合的に判断する。だが、精神科医によって解釈が分かれることも珍しくない。「能面テスト」は専門用語を使わず、図の形から一目で判断できるので、裁判員にも説明しやすい面がある。

 佐藤准教授は約10年間、臨床現場でデータを蓄積。05年1月から茨城や埼玉の刑事事件の精神鑑定約70件で活用された。水戸地裁土浦支部で今月13日に開かれた脅迫事件の公判。佐藤准教授は精神鑑定医の証人尋問で、能面テストについて「鑑定の中心はあくまで問診だが、精神科における血圧計のようなもので診断補助のツール(道具)として有効だ」と説明した。



 なるほど、一般大衆にもわかる、精神鑑定方法ということですか。裁判員制度が実施されたときに、知識のない人にも分かるような技法を開発していかないといけないのでしょうね。勿論ロールシャッハテストのように、知ってしまえばいくらでもごまかしが効くわけですから、あくまでも診断の補助、なのでしょうけれど。

関連:医学処 ストレスを受けすぎると知的柔軟性が失われる


広告
posted by さじ at 07:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
THE能面!いいですね。何年か前にドラマでも[能面顔]流行りましたね。
さて、元来[能面]とは、人間本来の[情報]即ち感情を隠すものだと先生に教えていただきました。確かに中古車は、いくらキレイに乗っていても、何かのタイミングで、平素では、気がつかなかった前オーナーの[癖]があることに気づく…このような経験は、誰もが経験するのでわ?
能面にも使用者の感情が移る可能性があると思いました。

Posted by ナオミ師匠 at 2009年07月22日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック