2007年11月10日

日本人の睡眠時間、ここ20年で最短に。

<睡眠時間>寝不足で懸命に…20年で最短

 日本人の睡眠時間がここ20年で最も短くなり、とくに働き盛りの世代での減少が目立つことが、総務省がまとめた06年の社会生活基本調査でわかった。その一方で、仕事時間は増加し、余暇など自由に使える時間も減っており、寝不足で懸命に働く日本人像が浮き彫りになった。

 調査は5年ごとに実施しており、10歳以上の約8万世帯18万人が対象。1日の平均睡眠時間は調査を開始した86年から男女とも減少傾向にある

 年齢別では、ほとんどの世代で減少、とくに45〜49歳が7時間5分と最も短く、次いで40〜44歳と50〜54歳が7時間9分だった。最も長いのは85歳以上の9時間47分。

 一方、仕事時間は01年まで減少してきたが、06年には増加に転じた。正規の職員・従業員は1日平均7時間11分、それ以外の雇用者は4時間27分で、それぞれ5年前より15分、13分増加した。

 食事時間の合計は5年前より全体で1分長い1時間39分となったが、45歳以上65歳未満の世代では1〜3分短くなった。



 おつかれ、日本。

 寝すぎもよくありませんが、無理して睡眠時間を減らしても勿論、よくありません。仕事の能率も下がりますし、経済にとって有益ではありませんね。

 どうしてこんなことになってしまったのか、どうすればいいのかを私が言うことはできません。私も睡眠時間が減りつつあるからです。

 対策としてラテン系の「シエスタ」を制度として導入し、仕事の能率を上げる会社があってもいいのではないかと思います。

関連
医学処:仕事中に昼寝することで、心臓疾患で死亡する確率が低くなる。
医学処:休みの日に多く寝る人ほど、不眠や抑うつを訴える傾向にある。
医学処:睡眠時間が長いと寿命は短く


広告
posted by さじ at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。