2007年11月07日

麻疹ウイルスの表面たんぱく質の構造を解明へ

表面たんぱく質の構造解明=はしかウイルス−治療薬開発に期待・九州大

 はしかウイルスの表面にあり、体内に侵入する際に重要な役割を果たすたんぱく質の立体構造を、九州大大学院医学研究院の柳雄介教授(ウイルス学)らの研究グループが6日までに解明した。論文は米科学アカデミー紀要の電子版に掲載される。

 はしか発症後に有用な抗ウイルス薬の開発につながることが期待されるという。 



 表面たんぱく質が解明されるとどう良いかというと、麻疹ウイルスの表面のたんぱく質を阻害することで、ウイルスの増殖を防いでやることができるようになるわけです。

 世間を騒がせたタミフルも、インフルエンザウイルスの表面たんぱく質「ノイラミニダーゼ」を阻害することで、増殖を防ぐ薬なのです。もし麻疹で同様のウイルス薬が作られたら、その効果は絶大なものになるでしょう。今までのように「対症療法」で凌がなくても良いことになるかもしれません。

関連:医学処 麻疹流行を受けて、中1から高3を対象に2度目の予防接種を行う


広告
posted by さじ at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。