2007年11月07日

子宮筋肉に、幹細胞が存在する。

子宮筋肉に「幹細胞」、筋腫発症の解明に期待

 人間の子宮の筋肉組織に、高い増殖能力を持ち、筋肉や脂肪などの細胞に成長できる「幹細胞」が存在することが、慶応大の岡野栄之教授(生理学)らの研究でわかった。子宮筋腫などの病気発症の解明につながる成果で、米科学アカデミー紀要(電子版)に近く掲載される。

 女性が妊娠すると、胎児をはぐくむ子宮は通常の20倍以上の重さまで増大する。また、子宮の中に筋肉の塊ができる子宮筋腫は、単一細胞が増大してできると考えられてきた。だが、これらの詳しい仕組みはわかっていなかった。

 研究チームは、手術で摘出した63人分の子宮筋組織から特殊な方法を使い、幹細胞の性質を持つ細胞を収集。この細胞をマウスの子宮に移植し、妊娠させたところ、人の細胞で構成された子宮筋組織が作られた。妊娠・出産に重要なホルモンと結合するたんぱく質もできていた。



 一年半前の、このニュースを思い出しました。

生理の血から、心筋っぽい細胞を発見

 ここまで医学が進歩しても、まだ解明できていないことは沢山あります。脳もそうです。そして子宮。遺伝子が解明され、人の身体のことが理解されたと思われていましたが、まだまだ程遠い。生命の神秘を理解できるようになるまで、あと何十年かかることか。

関連:医学処 幹細胞シートで心筋梗塞を治療する


広告
posted by さじ at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。