2007年11月06日

日本医師会が、診療報酬の5.7%引き上げを要求する

日本医師会、診療報酬の5.7%上げ要望

 日本医師会の唐沢祥人会長は30日、舛添要一厚生労働相と会い、2008年度の改定で診療報酬を5.7%引き上げるよう求める要望書を手渡した。

 唐沢会長は「医療の現場は疲弊している」と訴え、舛添厚労相も「これ以上の医療費削減は限界で、勤務医を中心に対策を検討している」と答えたという。



 日本医師会の政治力も昔に比べれば格段に弱くなりましたからねぇ。でも今の現状は本当に危険なほど悲惨なものです。下手したら日本の医療界が転覆しかねません。

 今、激安の医療費でもっているのは、医療従事者の献身的努力のおかげです。国が考えを変え、国民がそれを認識しない限り、日本の医療はいつまでたっても進歩しないでしょう。

関連
医学処:自民党「激務が問題となっている分野以外診療報酬引き下げ」
医学処:診療報酬改正で療養病床のある病院のうち7割が収入減
医学処:どうせ税金で出るだろ、と医療費を払わない人


広告
posted by さじ at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。